深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します
CONCEPT コンセプト MEDIA 各種メディア STORES 店舗紹介 RECOMMEND おすすめ商品 ホーム
会社情報
股関節痛は怖くない!
松本深圧院ではお客様一人ひとりにあった施術方法を提案致します。

変形性股関節症と性別

小菅 哲郎

更新日:2017/04/16 20:46

新緑の風が気持ちよい季節になりました。

 

この週末は福岡へ出張していたのですが、気温25度でもう初夏の陽気・・・蒸し暑くてちょっと歩くだけで汗ばむほどでした。

 

さて、松本深圧院福岡が正式に開院してから早いもので一年が過ぎました。

 

ゆっくりとながらも知名度もあがり、常設院として福岡・九州、及び周辺地域の皆さまに深圧を提供させていただいてきましたが、これからも更なる利便性向上に努めていきますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

さてさて、今日は「変形性股関節」(以下、変股症)の性別に関して。

 

変股症患者には圧倒的に女性が多いと言われています。

 

理由として・・・

 

女性は一般的に男性に比べて関節が緩く、筋力も弱いことが一因ではないかということを聞いたことがあります。

 

そもそも変股症のきっかけとなる「先天性股関節脱臼」や「先天性臼蓋形成不全」が女性に多いからとも言われています。

 

これは、女性は出産するので骨盤が横に広くなっており、股関節が外側に位置している(中心から遠くに位置している)ために負担を受けやすく、結果的に臼蓋形成不全を生じやすいのではないかという推測に基づいています。

 

ですが、確証があるわけではないようです。

 

 

もう30年近く前になりますが、わたしが手術を受ける前に読んだ変股症についての本に、データをもとに圧倒的に女性患者が多いという記述がされており、そのときに初めてこの事実を知りました。

 

そして、自分がいざ入院するときになって初めてそれを実感したのでした。

 

わたしが入院した神奈川県にあるK病院は、変股症を専門とする医師やリハビリ施設・体制が充実していることで有名であり、全国各地から変股症患者が入院していました。

 

わたしは男性でしたのでほぼ希望通りの時期に入院することができましたが、女性患者はかなりの方が入院待ちをしている状況でした。

 

そしていざ入院してみると、変股症病棟は女性の方ばかり。。。

 

入院していた3ヶ月の間に男性の変股症患者は(私以外に)2~3名ほどしかいませんでした。

 

また、わたしの私生活においてこれまでに女性の変股症患者に出会うことはあっても、(病院等の場以外で)男性患者に出くわしたことは一度もありません。

 

少ないとはいえ、いることはいるのですが。。。

 

 

松本深圧院の来院患者の割合としては、以前は99%女性でしたが、最近は少しずつ男性も増えつつあります。

 

現在、それでも女性比は95%は割らないと思います。

 

 

変股症を発症しやすい40代、50代での仕事従事率は男性が高く、基本的に日中・平日に時間を割くことができない方ばかり。

 

結果的に、病院にも通う時間をなかなかもてません。

 

痛みが相当ひどくなって仕事などの日常生活に支障がでない限り、何とか我慢してしまう男性諸氏も少なくないのではないでしょうか。

 

わたし自身、痛みで通勤することすら問題になるくらいの状態になって休職を決意し、しばらく治療に専念することにしました。

 

身体よりも仕事優先にならざるを得ないのが実情かもしれません。

 

とはいえ、今にしてわかることですが、例えば痛み止め薬を使いながら騙し騙し逃れていても、根本的な問題を解決しなければいつか爆発してしまうリスクを抱えたままの状態であり、先送りしているに過ぎないとも言えます。

 

そう考えると、あるときに思い切ってある一定期間をケアに費やすという(わたしのような)思い切った決断もありだと思います。

 

もちろんそれには家族の協力が欠かせませんが。

 

 

それはさておき、

 

自分自身の体験を踏まえてのことですが(苦笑)、どちらかといえば男性の方が自分の身体のケアをおざなりにしがちなのかもしれません。

 

仕事が忙しい、休めないことを言い訳にしているだけかもしれませんが・・・

 

同性として、

 

・同世代の股関節痛に苦しんでいる男性諸氏はどのようなケアをしているのか?

・わたしと同じような境遇の男性患者はどのような生活を送っているのか?

 

やはり気になります。

 

 

「仕事で忙しくて休めないし、とても手術で入院なんてしている時間はないけど、痛みが強くなってきて心配だ。」

 

そんな方々にこそ、深圧を通じて、そしてセルフケアを学んでいただいて、これまでの生活を基本的に崩さずに改善させる方法を模索していっていただきたいと思っています。

 

 

個人的な感情として、少しでも自分に似た境遇にある立場の方で、辛い痛みを抱えながら我慢して生活を送っている男性諸氏がいれば、助けになってあげたい気持ちが強くなってしまいますね。

 

お近くに変股症を患っている、股関節痛に苦しんでいる男性がいらっしゃれば、ぜひ当院・深圧のことをご紹介ください。

 

いまこうして自分が求める生活の質(QOL)を実現できていることを通じて、世の股関節症を患っている(股関節痛に悩んでいる)男性諸氏にも勇気を与えることができたら嬉しいです。

 

 

2017年4月16日

 

IMG_9979

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
  • 東京銀座
  • 愛知名古屋
  • 大阪新大阪
facebookで「松本深圧院」を見る