深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

自骨手術のお話 3

私は、弘前にいる母に電話をしました。
母は、電話の向こうで泣いているようでしたが、「そう。」 と一言言っただけで賛成も反対もしませんでした。
手術が決まると、様々な準備があります。手術時の出血に備えて自己血をとっておきます。
その他、レントゲンや CT、薬のアレルギー検査等の検査が目白押しです。
入院してから手術までに ベッド上で排泄をする練習もします。
初めはかなり屈辱的ですし、これが 出ないんです・・・。
でもできた時には カーテンをしたベッドの上で、「やったー」と小声で喜んだりして・・・。
手術前日は、普段どんなに眠れる人にでも眠剤が出ます。私は2回目の手術の時、眠剤で全然起きられなくなりました。
手術当日、緊張で地に足がついていないようでした。 
手術の前に腰から下半身に麻酔をかけます。
私は右足を手術するのに左足が熱くなってきて「先生!左足が熱い熱い!」と叫んでいました。 
あまりにうるさかったのか、私は 全身麻酔のマスクを口に当てられ、その後気がついたら手術は滞りなく終わっていました。
私のパニックをよそに手術は大成功でした。
手術後の一夜は、痛みとのどの渇きでとても辛いものでした。 
腸が動き出し、はじめて飲んだ氷入りの冷たーいアクエリアス、ホント生き返るようでした。
一晩中 励ましてくれた看護師さん、あなたはまさに天使だった。
ありがとう。
 手術後、3週間で車椅子に乗りました。
初めて立ち上がった時、両足に全く力が入らず、転ぶ、というより落下しそうになった私を看護師さんが助けてくれました。
リハビリも開始されました。
担当は2年先輩の男の先生でした。 
”股間”節 というだけあって 自分が医療従事者であるにもかかわらず、はじめは結構恥ずかしかったですね。
お風呂にも入っていないし、汚いし・・・。
そして間もなく入浴も許可されました。 慣れてきた頃、一人でシャワー浴となるのですが、お湯を出したままのシャワーを手術をした脚の上にのせていました。
洗い終わってシャワーをのせていた脚を見てビックリ!
脚がお湯で真っ赤になっていたのでした。
手術後の脚って感覚が無いんですね。 
全然気づきませんでした。
 車椅子にも、リハビリにも慣れてきて、身も心も患者モードになっていた頃、松葉杖の練習が始まりました。
実際、仕事の時には患者さんの松葉杖歩行の練習を指導する側だったので、ぶっちゃけ松葉杖には自信がありました。
ところが、ところがどうしたことでしょう! 
脚が重くてバランスをとって立っていられないのです。 
重さでいうと、4,5kgの重りをつけられているような感じです。 
怖くて思わず先生に「ちゃんとおさえててくださいね!」と懇願してしまったくらいです。
きっと先生にしてみれば、「何だよ、松葉杖くらいで怖いなんて。それでも理学療法士かよ」くらいは思われたかもしれません。 
でもマジ恐いんですよぉ、これがまた・・・。
手術直後は、水さえも飲ませてもらっている赤ちゃんみたいなものです。
それがだんだん自分の事が自分でできるようになってきます。
入浴や洗濯、着替えなんかもそうです。
特に靴下を自分で履けたときはうれしかったですネ。
今までできなかった事ができるようになるのって、ホントうれしいものです。
松葉杖歩行が慣れてくると、いよいよ退院の話が浮上してきます。
私は20kg荷重のとき退院しました。
 退院してから3ヶ月間、弘前の実家に帰省しました。
 弘前では毎日プールに通いました。
そして 筋力トレーニングに励みました。 
今になってみると、あの時懸命にやっていたトレーニングははたして効果があったのか、と思います。
というのも、今現在トレーニングというトレーニングはしていないからです。
ただあの時は、手術後3ヶ月、今はあれから約10年経過しているのです。一概には比べられません。
しかし、職場に復帰して1年くらいは本当に脚がバンバンに張っている状態でした。
とても疲れやすく、脚の痛みがなかなかとれませんでした。  
26歳のときに、反対の脚の手術を受けました。右足をやってから2年後です。
その時は、手術直後から 松本先生に筋肉をほぐしてもらいました。 
仕事に復帰してからもほとんど毎日 先生のところに通いました。 
治療中はとても痛いのですが、終わった後がとても楽になるのです。 
これは、私でなくとも先生の施術を受けている方はよくご存知ですよね。
今は、先生の施術を受けることはあまりできなくなりましたが、自分で気をつけていることといえば、① 足を冷やさないこと、 ② 毎日ストレッチをして、疲労を残さないようにすることくらいです。

 皆さん、いとしの股関節ちゃんと 仲良くお付き合いしていきましょ!




次回は「出産」についてです。



変形性股関節症を怖がらないでね





INFOMATION

ブログ情報 

私のブログへのアクセス数が10月2日にgooブログ645571ブログ中、935位になりました。ついに1000位以内の時代です。
これは皆さんのパワーです。ありがとうございます。
このパワーはさらに大きくなると、社会への影響力を持ちます。
そうなれば、様々なメリットを皆さんに還元しますね。