深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

自骨手術のお話 7

世間は3連休だったんですね。
土日で14人の予約がありガンガンやってしまいました。
体育の日は休みました。
NORIさんの体験談いかがでしたか?
私には体験の無いことばかりでしたので、私も読みながら勉強になりました。
きっとすばらしい理学療法士として今後も弘前で頑張ってくれると思います。
一生もたせるように私も応援したいと思います。

皆さんも、ご自身の経験談をドンドンお寄せください。
このような経験談は、読んでいる人の参考になるでしょうね。
手術をしない方、自骨手術をした方、人工手術をした方、人工の再手術をした方、様々な保存療法の経験・・・などなどございましたら・・・
お決まりのmm1110mmの後に@kvd.biglobe.ne.jpまでメールください。
コメントを付けてもれなくブログに公開させていただきます。
もちろんハンドルネームにて。

先週の金曜と土曜に非常に重要な情報を得ましたので報告しておきます。

金曜の新患の方、RAO後6年、3年前から痛みが出てきた。
・・・3年前に何かあったのかを聞いたが・・・覚えが無い。
さらにしつこく聞いていくうちに、自転車でぶつかって転んだことを思い出した。
実は触診にて、あまりにも左右の筋肉の硬さに差がありすぎたので、今の痛みは外傷(けが)が原因ではないかと感じたので質問をしてみたのです。
RAOの手術をしていましたが、原因はRAOのことではなく、外傷の後遺症だと結論付けました。外傷は治っているので、後遺症による筋の硬さを取ってしまえば元の状態に戻るでしょう。レントゲン上は変化が無いが、本人としては痛いので、RAO後の股関節に問題があったのではないかと感じて不安になっていたようでした。

土曜の新患の方、RAOを勧めれれて悩んでいた。
去年まではぜんぜん痛くなかった。今年1月に転倒して整形でたまたま股関節のレントゲン撮ったら、臼蓋形成不全が見つかった。
それからトレーニングを始めた。
最近股関節が痛くなり、RAOを考えた時期もあった。
触診の結果、1月に転んだ側の股関節周辺の筋肉を異常に痛がった。
反対側はそうでもなかった。
私の結論『現在の痛みは、転倒による後遺症の可能性の方が高い。RAOどうのこうのの前に後遺症を取り除く必要がある。』
もともと外傷後の筋肉の病気があったせいか、トレーニングをした筋肉に限って痛がっていたので、トレーニングは中止させた。
本人もトレーニングをサボると痛みが減ることを感じていた。

皆さんの股関節は外傷に対して影響を受けやすくなっています。
股関節痛を全て変形やRAOや人工関節のせいにするのは間違いであるということもあるんですよ。
意外と記憶に薄い捻挫や打撲というのも多いものです。

自骨の手術は満足度が低いというデータもあります。
しかし、レントゲンには写らないところに問題があって経過が思わしくないことが多いものです。
経過が思わしくなくても、『レントゲンは異常がないです。』と言われたら、な~んだ、筋肉の異常なんだと安心してください。
筋肉は意外とよくなるもんですよ。
余計な心配は心と体に良くないですもんね。



変形性股関節症を怖がらないでね




【INFOMATION】

11月の広島の予約受付は終了いたしました。ありがとうございました。
空きが出たらもう一度募集するかもしれません。

まいどおおきに、12月の大阪の予約受付中!
予約先:お決まりのmm1110mmの後に@docomo.ne.jpです。
関西圏の方、よろしくお願い致します。