深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

「手術後が楽しみ!」

昨日、来年2月に人工関節の手術が決まっている40歳の方がみえた。
来る前のメールのやり取りで彼女の考え方は理解していたつもりだった。
『手術後が楽しみ!』という印象だった。

問診を行うと、いくつかの病院を受診して自分で病院を決めていた。
私は彼女の現在の悩みを聞きだし、カルテに書いた。
手術に臨むにあたって、病院の選択、筋力の現状に悩みを持っていた。
病院の選択は正しいと思った。
ただ、入院期間が非常に短いことで有名な病院だったので、『入院中は頑張らないこと』と助言した。
6週間は無理をしないでほしいと助言した。

触診をすると、術前にしては筋肉の状態が良かった。
筋肉を押した痛みが少なかった。
彼女が心配していた筋力も、左右差はあったものの患側でも十分あった。
非常に質のいい筋肉だった。
歩行時の横揺れもなく、歩行スビードも速かった。
関節可動域も比較的良好だった。

唯一の大きな問題点は脚長差。
4~5cm短かった。
手術をすると、術側が3~5cmくらい延ばされそうだった。
骨が延びるということは、筋肉も神経も血管も伸びる。
そう考えると、手術までに筋肉、神経、血管の柔軟性を出させる必要がある。
手術後の重度のむくみ、引っ張られることによる筋肉痛、神経麻痺を防ぐためである。

施術をしながら彼女の考え方を聞いた。
手術に対する恐怖心や不安感、人工関節に対する不安感は全くといって良いほど無く、手術後の歩容の改善をすごく楽しみにしていた。
むしろ、手術や人工関節に対して不安や恐怖心を抱くことが理解できない、40代の自由な活動を得ることが、彼女には最優先だった。

私は手術前後の注意点ばかり話をした。
彼女の生き方とゆるぎない決意を尊重した。

手術に臨むまでに、あと5時間をかけて内転筋、深層外旋六筋、小殿筋、中殿筋の柔軟性を出させ、坐骨神経の伸張をしっかり行い、手術後の経過が順調に運ぶような準備をする、ということを彼女に話して終了とした。

このような考え方の方もいます。
他にも同じ考えの方はいます。

とにかく人工関節にして生活を楽にする。
人工関節がだめになったら入れ替えればいい。
ということで2回目の人工関節の手術をして9年目という方もいる。
主治医からは『10年しかもたない。』と言われている。
私が施術を始めて5年、来年末で手術後10年になる。
このような方の人工関節も長持ちをさせたいと思うのだ。

昨日の彼女の術前術後のケアーを責任を持って行いたい。
術後、彼女が杖なしできれいに歩けるように・・・絶対にする!
術後、彼女が笑顔で歩いている姿を早く見たいと思った。
(ブログに書かせていただくことは、本人の許可をいただきました。)


変形性股関節症を怖がらないでね