深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

進行を止める薬?

そんな薬はマツキヨでも売っていません。
解剖学的なことをじっくり考えると、それらしきものが見えてきます。

「進行を止めるために骨の手術をする。」と言う考え方もありますが、それだけで解決するのでしょうか?
重要なことが抜けているように思えて仕方ありません。

それは筋肉でもなく、神経でもありません。

骨がどのようにして栄養を取っているのかということを考えると答えが出るでしょう。
変形の進行を止める薬ともいえるものは、血液です。
血液の循環です。
骨や軟骨は、血液に含まれる酸素と栄養を必要として、血液が十分いきわたった状態では再生力が働きやすくなります。
骨が血液から栄養をもらっていると言う事実を覚えてください。
軟骨は血液が通る血管から漏れ出した酸素と栄養の入った関節液(赤くない)を吸い込むように栄養を取っていると言う事実を覚えてください。

皆さんは血流がよくなることを考えないといけません。
痛みがあると、反射的に血管が収縮してしまいます。
不安や悩みが続くと、自律神経を通して血管が収縮してしまいます(交感神経の働き)。
筋肉が硬くなると、血管を圧迫して血流が悪くなります。
不安や悩みを抱えないでください。
痛みがあったら筋肉をほぐして痛みを取ってください。
どちらも解決できる先生を探してください。

心臓から出た太い血管は、お腹の中を下降して骨盤の中で左右に分かれて股関節の前をとおり足先まで伸びています。
その過程で何本かの細い血管に分かれて、骨盤や大腿骨に栄養を与えています。
もしもこの血管が縮んだり、圧迫によって血液循環が悪くなると、再生力が低下したり、骨に穴があくのです。
骨に穴があくのは骨が悪いからではなく、血液循環が悪いのです。

私は筋肉を強めにほぐす施術を行っていますが、施術の究極の目的は血液循環をよくすることなのです。


変形性股関節症を怖がらないでね