深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

自律神経って何なのよ! ①

不安や恐怖心や怒りという現象を、股関節の痛みや身体の様々な症状に変えてしまうのが“自律神経”です。
自律神経が無いと私達は死んでしまいます。
夜寝ているときにも、一生懸命身体を守ってくれているのです。
しかし、自律神経の正常な働きが狂うと、様々な症状が出てしまうのです。
自律神経が狂ってしまった状態を“自律神経失調症”というのですが、自律神経失調症という診断を受けていなくても、自律神経が失調状態の人が増えています。

ストレス社会ですもんね。

自律神経が失調状態の人は、変形性股関節症の方々の中にも多いです。
自律神経が失調状態だとは気づいてないかもしれません。

皆さん、病院でおどされているんですよね・・・その結果不安や恐怖を抱いているんですよね・・・。
もちろん、病院の先生と良好な関係を保っている方もいますが・・・少ないですね。

将来歩けなくなるのではないか?車椅子になるのではないか?激痛が出て歩けなくなるのではないか?進行性だから・・・。
人工骨にしたらしたで・・・摩擦や脱臼や転倒や感染に怯えるようになり・・・。

変形性股関節症って、そんなに怯えなきゃいけない病気なんでしょうか?
もっと病気の本質を理解して、病気とうまく付き合っていかなくてはいけないのではないでしょうか?
うまく付き合う方法は、この病気の本質を勉強しまくることです。

ところで皆さん、心と身体の間をとりもっている自律神経ってどこにあるかご存知ですか?
どこにあるのかは、プロの先生方でもご存知ではない方が多いです。
自律神経って、プロにとっても実にわかりにくい神経なんですよ。
教科書にもあまり詳しく書かれていません。
しかし、自律神経の位置や機能を理解すると、自律神経との付き合い方がわかってくるかもしれませんよ・・・。

自律神経は正義の味方です。悪者ではありません。
上手に付き合っていただきたいと思います。

次回は、自律神経がどこにあるのかを説明して、その症状の見つけ方、対処法などについて説明しますね


変形性股関節症を怖がっちゃ・・イヤイヤ