深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

Quality of life

今日の東京は蒸し暑いです。
このところ天気と言うか気圧が低いせいか、体調を崩している人が多いですね。
私は絶好調、校長です。
夜中にブログのコメントに返信することが多いですが、実はその前に寝ているんです。
仕事は一生懸命にしていますが、力を抜くことも一生懸命しているので大丈夫でしょう。
基本的に水曜、木曜、日曜は休みと授業が入っているので治療はしていませんので、今は身体もそんなにきつくないですね。

皆さんも体調にお気をつけください。


Quality of life:クオリティ オブ ライフ(命の質、生活の質、人生の質)

皆さんQOLと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?
訳には3つの訳があるのですが、私は人生の質と使うことが多いと思います。
私が初めてこの言葉と出会ったのは、医療短期大学で授業を教えている頃、文献を読んでいる時でしたから・・・215年ほど前でしょうか、
200年多かったですね。15年から20年ほど前から使われるようになった言葉だと思います。
最近では、一般の雑誌にも良く出ていますね。

皆さんは股関節に先天的な障害をお持ちですが、同じように聴覚障害、視覚障害、言語障害、脳障害、糖尿病、心臓病・・・など
先天的および後天的な障害を持っている方が数百万人くらいはいるのではないでしょうか?

皆さんは信じられないかもしれませんが、私の知人に安楽死を希望しながらも、社会に積極的に参加し、
一つ間違えば命を落とす状況の生活をしている人がいます。
もう26年の付き合いになりますので30年以上この生活を本人の強い意思で続けています。
それはそれはすごい人だと思います。教えられることが多いです。

最近自宅に訪問したら、『最近、六本木にジャズを聴きに行っているの、先生も行かない?』と誘われました・・・すごい人だ。
その方は、一人暮らしですが、起き上がることも座ることができません、もちろん立つ事も歩くこともできません。
ベッドから首が落ちたら、首を元に戻すことができないので、次に誰かが自宅に訪問してくれるまで、
そのままの格好で待ち続けなければならないのです。

その代わり社会制度をフルに活用し、毎日誰かが自宅を訪問してくれるようなシステムを自分の力で構築しています。
いつも楽しそうに近況報告をしてくれます。すごい人です。


障害は様々です。また、同じ障害でも個人差の為ひとり一人考え方が異なります。

股関節に障害があっても、後悔しない為にテニスやバレーボールを楽しんでいる人もいます。
その人に対して、応援する人もいれば、反対する人もいるでしょう。

しかし、一番大切なのは、その人がどのような人生を送りたいのかと言う意思です。
これが、その人その人の“人生の質”だと思います。

その人の人生は、その人のものです。
周りに多大な迷惑をかけない限り、自分の望みどおりの人生をおくれれば幸せなんだと思います。
幸せは、他の人が決めるものではなく、自分が感じるものですからね。

今、この時を楽しみたいと言う考えも正解だし、今この時に股関節を大切にして、できる限り長持ちさせようとするのも正解だと思います。

正解は、その人が正解と思えれば、それが正解なのです。
正解はいっぱいあるのです。

いずれにしろ、自分の身心のケア方法をしっかり持っていることが、大切なように思います。

自分の人生の質を低下させない為に。




変形性股関節症を怖がらないでね

良い週末を、See you