深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

長く歩くと痛い・・・とは?

私の握力(あくりょく)は50kgくらいだと思います。普通です。
握力計で握力を連続して測定すると、1回目は50kgです。2回目は48kg、3回目は47kg、4回目は45kg・・・・
ある回数になると筋肉に痛みが出て・・・ついには握力は0kgになります。
筋肉の持久力には限界があり、筋肉は持久力の限界近くになると痛みで知らせてくれるのです。
これはだれでもそうです。人間の筋肉の原則です。

皆さんの中には、「長く(距離や時間を長く)歩くと痛みが出ます。」という方が多くいます。

理由は何でしょうか?

軟骨の磨り減りと変形が原因ですか?
歩きはじめは調子いいわけですから、軟骨の磨り減りも変形も無く、歩き始めると徐々に軟骨が磨り減り、徐々に変形が進むのですか?
そんなことないですよね?

股関節の炎症が原因ですか?
歩きはじめには炎症が無く、歩き始めると徐々に炎症が強くなるのですか?
炎症の痛みは結構強く、歩き始めて徐々に炎症が出るということは考えにくく、一度痛みが出たのであれば、「少し休むと、また歩けるんですよね・・。」ということはありえません。
炎症は、出たり引っ込んだりするものではないし、一度出たら痛い状態が続くものです。
足首の捻挫の時の炎症のことを考えていただければわかりやすいと思います。

普通「歩き出しは調子いいんですけど、長歩きすると痛くなるんです。そこでしばらく休むとまた歩けるんですよね。」と聞くと、これは筋肉の状態が原因と考えるしかないでしょうね。

原因は筋肉の持久力の問題でしょうね?
細かく言うと、筋肉の中の循環が悪くなると筋肉には痛みが出ます。
少し休んで筋肉内の循環が良くなると、また少し歩ける。
長歩き時の痛みの原因が、筋肉であると考えると説明がつくのです。

筋肉の持久力が低下している時にはどうすればいいのでしょうか?

筋肉内の血液循環を良くすることが一番でしょうね。
筋肉が病気ですと、筋肉内の循環が悪くなりますので、筋力が出にくくなるのと同時に筋持久力も出なくなるのです。

皆さんは、原因をすぐに骨と軟骨に結び付けようとします・・・仕方ないんですけどね・・・。
病院でレントゲンを見せられて説明されているのですから・・・。
骨や軟骨には急激な大きな変化は起こりません。
したがって、骨や軟骨が一定であるなら、痛みも一定であるはずです。
痛みに波があるということは、骨や軟骨が原因ではないと考えたほうが良いんですけどねぇ。


変形性股関節症を怖がらないでね