深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

“流れ”を感じます!②

一昔前は「変形性股関節症には手術療法しかありません!」と言い切っていた先生がほとんどであったように思います。
しかし、このところポツポツではありますが、変形を“良いもの”扱いする先生が増えていますし、手術療法以外を重視する先生も増えてきました。
その様な“流れ”を感じています。

注目すべきは、手術を多く行ってきた先生方の中にその様な先生がいらっしゃるということです。
その先生方は、長年手術を行ってきて、いろいろな症例を見てきて“何か”に気づいたんだと思います。
痛みが強い時に手術をすると、痛みが無くなり生活が楽になるということがあることは事実です。
重要なのは、手術後の10年、20年先の股関節の状態です。
人工関節が緩んだらまた入れ替えればいいではないか。・・・という問題ではないことに気づいたのかもしれません。

人工関節にしたら終わり、一安心。・・・と先生も患者さんも思っている傾向があります。
人工関節こそ筋肉の手入れをして、股関節にかかる衝撃を小さくすることによって股関節のダメージを小さくしていかないといけないのではないでしょうか?
自分の骨は不都合があると、股関節を修復できます・・・ただし、皆さんはこの修復を“変形”と呼んで悪者扱いしますが・・・。

人工関節には感受性がありませんので、周りの自分の骨を壊すことを何とも思いません。
それが“ゆるみ”とか“沈み込み”の原因なのです。
これを防ぐには、筋肉を柔らかく大きくしておくことが重要です。
これが重要な“関節の原則”です。

筋肉を柔らかく・・・とは疲れを溜めずに筋肉を正常に保つ手入れをするということ。
筋肉を大きく・・・とは、痛みの無い状態で動く量を増やす、もしくは筋力トレーニングをすることです。

杖で脚をかばうこと・・・これは筋肉を小さくします。
痛みのある状態での筋力トレーニング・・・これは筋肉を硬くします。

みなさん、手術をしているかいないにかかわらず、自骨の手術か人工骨での手術かにかかわらず、さらに股関節か膝関節かにかかわらず、これが人間の関節の原則なのです。
しっかり覚えておいてくださいね。
試験に出ますよ!

この原則さえ踏まえておけば変形性股関節症なんて怖くないのです!


変形性股関節症を怖がらないでね