深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

体重について考えてみた ①

触れたくないが触れずにおれないシリーズ、第1弾です。
ただし、ダイエット法についてはあまり触れません。
皆さんのほうが良くご存知でしょう。

第一弾は皆さんの体重が標準の範囲にあるのかどうかということについて考えてみたいと思います。

BMI(Body Mass Index)・・皆さんご存知の方も多いと思います。
現在世界的にもっとも用いられているであろう、“肥満度テスト”です。

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)です。

計算上の注意点は身長をメートルで計算することです。
私の場合、体重70Kg、身長1.9m(190cm)・・・間違いました、1.7m(170cm)です。
したがって BMI=70÷1.7÷1.7=24.2 です。

肥満度基準ですが・・・

 BMI  25~30未満 肥満1度
     30~35未満 肥満2度
     35~40未満 肥満3度
     40以上     肥満4度

つまり25以下は標準に入ります。
私の場合24.2ですのでギリギリガールズの仲間入りですね。
皆さんはいかがですか?
BMI=22くらいが理想ですが、ここで言いたい事は、25以下の人は、一応標準の範囲であり痩せようと思うこと自体が犯罪になります、と言うことです。
神経質になる必要はありません。
『太る=変形進む』という単純なものではないことは、皆さんもうおわかりですよね。
しかし、病院では一律に『体重を落としてください』と言います。
結構やせている人にも言うんですよね。
やせることにも危険性は多いんですよ。
筋肉まで痩せてしまうことと、基礎代謝が低下してしまうことです。
これは、痩せようとすることが痩せにくい体質をつくっていると言う事です。
確かにやせる必要のある方もいますが、その根拠が必要なのです。
先生はただ『体重を落としてください』と言うだけですから簡単ですが・・・皆さんはこの言葉によってどれだけ悩み、怖さを持つか・・・。

「私は・・・肥満度2だわ!」・・・・?

BMIを紹介しておきながら・・・ですが、皆さんの場合はもっと考えなければいけないことがあるのです。
体重に関する本質についての説明をします。
キログラムだけでは表せないある重要なことがあります。

体重と○○の関係が最も重要なのです。
その○○について次回説明することにします。
もったいぶってます。

変形性股関節症を怖がらないでね
体重を怖がらないで下さいね