深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

重大発表 ②

大変お待たせいたしました。

今回は松本式股関節長持ちトレーニング法について考えてみましょう。
実はありきたりのトレーニング法なのですが、重要なのは目的と理論です。
この方法なら、股関節を動かすことなく股関節を守る筋肉をトレーニングできます。
股関節を動かしませんので、股関節周囲の筋肉が病気であってもほとんど可能だと思います。

この続きは・・・次回・・・うっそ~。




松本式股関節長持ちトレーニング(あっ、mm1110mmだった、松本という名前は忘れてくだされ!)

考え方:股関節を動かさないで、股関節を守る筋肉を強化する方法
 目的:股関節を長持ちさせること。
 方法:主に背筋運動。

前回の膝関節の説明を思い出してください。
ポイントは2つです。

【膝関節の場合】            【股関節の場合】
①膝関節を動かさない運動     →①股関節を動かさない運動
②膝関節を守る筋肉のトレーニング→②股関節を守る筋肉のトレーニング

股関節の場合の①と②を満たす運動は、実は背筋のトレーニングなのです。
やり方によっては腹筋のトレーニングも同様に有効です。

その理由を説明しましょう。

皆さんも試して欲しいのですが、うつ伏せに寝て背筋運動(うつ伏せで少し身体をそらす、少しで良いんです)をすると必ず殿筋(お尻にある筋群)の収縮が起こります。よく見るとももの裏やふくらはぎまで収縮しているのがわかります。
背筋運動は骨盤より上の運動ですので股関節は動きません。
しかし、股関節を守る殿筋群は鍛えられるのです。

なぜか?
殿筋群の中でも一番大きな大殿筋には、股関節伸展と同時に背筋と同じ働き(背すじを伸ばす)があるのです。
大殿筋の表の働きは股関節の伸展、あまり知られていませんが裏の働きは体幹の伸展(背すじを伸ばす)なのです。
ほとんどの教科書では触れていませんが、専門用語では大殿筋のリバースアクションと言います。

実は、大殿筋も中殿筋も小殿筋も股関節を動かさなくても鍛えられるのです。

今までのブログを振り返ってみると、そのことに触れていることも多かったと思います。
①等尺性運動
②片脚立ち運動
③足に体重をかける運動
と言う言葉で触れてきました。

皆さんは股関節を動かす運動に洗脳されてきました。
しかし、それは仕方のないことですね。
私も大学病院では股関節を動かす運動を指導して洗脳されていました。
いろいろな本を見ても、股関節を動かす運動について触れていますもんね。
それはそれとして、他にももっと有効で股関節に負担のない運動があるのだということを、私達治療者も含め真剣に理論的に考えないといけない時期に来ています。
股関節が正常であれば何も問題がないトレーニング法なのですが、股関節に問題がある方が股関節を動かして行う運動には危険が潜んでいるのです(個人差大きい)
よく考えると当たり前かもしれませんね。

次回はもっと詳しく説明いたしますね。


変形性股関節症を怖がらないでね