深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

足音はしゃべる

皆さんの足音はいろんなことを教えてくれます。
足音だけで誰が来たか分かる時もあります。
足音は重要な情報をしゃべってくれます。

子供のスリッパに、歩くたびにピョ、ピョってなるのがありましたね。
あんな感じですね。

診察の場面では聴診に入るでしょうか、歩く姿を見る視診というのもありますね。
左右の脚に異常がないときは、左右の足音は均等に同じリズムを刻みます。
歩くスピードには、その人その人の至適速度と言うのがあります。
歩きやすい速度のことです。
ですからリズムの速さは無視して、自分の足音の左右のリズムが一定であるかを聞いてみてください。

片足が痛いと、痛いほうの脚には十分体重がかからないので、痛くない方の脚を速く出して痛い方の脚に体重がかかる時間を少なくしようとします。
いわゆる“びっこ”ですね。専門的には跛行(はこう=異常歩行)と言います。
そして必ず痛くない方の脚を着くときの足音は大きな音になります。
痛みがある場合は、こうなるのは仕方ないでしょうね。

しかし、もしかしたら“癖”、以前痛かった時の癖・・・が残っていて跛行になっているかもしれませんよ~。

耳を澄まして、目で確認して、自分の足音が左右均等の大きさで、左右均等のリズムで、歩幅が左右等しいか確認してみてください。
そして、足音も歩幅も均等にできないかトライしてみてください。

これができると歩き方が正常歩行に近づきます。
すると、細い方の脚が太くなってくるのです。
無理に行う必要はありません。
できる方は意識してみてください。

FROM SAPPORO


変形性股関節症を怖がらないでね