深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

めまいにめまいが・・・

私の患者さんの中には“めまい”を訴える方が結構います。
手術をしている人、していない人に限らず起こっているようです。
施術中に横向いたりうつ伏せになったり上向いたり・・・姿勢を変えることが多いので、そのたびにめまいを起こす人がいるのです。
本日も一人軽いめまいの方が見えました・・・「今日は股関節はもちろん、めまいを治しましょう・・・」とめまい療法を行ってみました。

股関節の施術を始めた頃も何人もいましたが、皆さん症状がよくなっていくんですね。
私は特にめまいを意識して施術しているわけではないのに良くなって行くんです。
不思議でした。
そのうちに、肩こりを取るとめまいが良くなる人が増えていきました。

しかし、よく考えてみると、めまいに関する場所は耳の中の方(内耳)にある、三半規管と言う場所です。
三半規管は、水の入った風船のように中はリンパ液で満たされています。
そのリンパ液(正確にはリンファ、さらに“液”はつきません。)が、姿勢の変化で動くことによって人間はバランスをとっているのです。

三半規管は外側を骨に囲まれ、骨と三半規管の間にもリンパ液が満たされています。
つまり、中にリンパ液の入った三半規管がリンパ液に包まれているのです。

お尻や下腹部の循環が悪くなると脚がむくみます。
同じように、首やのど周りの循環が悪くなると、耳の中がむくみます。
この、耳の中のむくみがめまいを起こすようなんです。

めまいのある方は、次のことを試みてください。



めまいを取るマッサージ法

①あごの下の左右の鎖骨の上を手でゆっくり回すようにマッサージします。
 軽くて良いんです。ゆっくりやってください。→1分
 リンパはね、この場所に全身のリンパを集めて、静脈に注ぎ心臓に帰るのです。
特に左側が重要ですが、耳鳴りの場合は左右均等に行うといいんですよ。
②じょじょに耳に向かって上の方もマッサージしてください。
 頭の骨の下のほうもよく行ってください。
 同じ要領です。→3分
③最後に耳をつまんで上下にゆっくり大きく耳を動かします。
 1,2,3、・・・30回やや痛いくらい大きく上下に動かしてください。

5分で終了しますね。
これをしばらく続けてみてください。
頭を動かした時のめまいが軽くなるかもよ~。
それと、もしかしたら、顔のむくみが消えて小顔になるかもよ~。
このようにリンパの流れをよくする方法をリンパ・ドレネージュと言います。

小顔になり過ぎたら許してね~。


変形性股関節症を怖がらないでね