深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

ガクがガクガク

口が開いたまま閉じなくなるのは、あごの関節(顎関節:がくかんせつ)の脱臼です。
一方、口が開かないときは、顎関節症のことが多いですね。
口をあけると、音がしたり、痛かったりします。

このような方が、変形性股関節症の方にもいます。
脚をかばっている方は、左右のバランスが崩れている方がいます。
顎関節も左右にありますので、どちらか一方に偏った使い方をするということは十分考えられるのです。
また、くいしばり(何かをする時に歯を食いしばる癖のある人)や歯ぎしりをする人もなりやすいようですね。
咬みあわせが悪かったり、片方に虫歯があるようなときにも起こりえるでしょうね。

顎の関節に異常が・・・?
確かにそれもあるのですが、咬む筋肉が疲れきっているときにもよく起こります。

皆さん、ほほに両手を当てて咬んでみてください。
手を咬むのではないですよ。
口の中には何も入れないで、ただ咬むのです。
その時にほほに手を当てていると、咬む筋肉の収縮が確認できます。
この筋肉は咬む筋肉ですので咬筋(こうきん)と呼ばれています。

この筋肉の収縮が確認できたら、筋肉の大きさを確認してみましょう。
ちょっと難しいでしょうか?
咬む時に収縮する筋肉の大きさは分かる筈です。
その大きさは左右で一緒でしたか?
よく咬む方の筋肉の方が大きいんですよ。
よく使う方の脚が太いのと一緒です。
これで筋肉の使い方が分かります。

次に、親指で強めに両方の咬筋を押してみてください。
悪い方は痛いですよ!
正常な咬筋はまったく痛みません。
激痛がする場合は、咬筋が病気です。
口をあけようとすると、病気の咬筋が引っ張られて痛いために口が開かなくなります。
これを一般的に顎関節症と呼びますが、実は咬筋の病気だけなのです。

痛いほうの筋肉を毎日少しでいいですから、押してみてください。
口がじょじょに開くようになりますよ。
レントゲンだけ見ていても解決できない症状ですね。

でも街を歩く時は、口は閉じてね・・・。


変形性股関節症を怖がらないでね