深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

楽になるために背骨は曲がる

例えば、左右の脚の長さが違うとしましょう。
右脚が3cm短い場合、骨盤は右側が3cm下がりますね。(骨盤が傾く)
右骨盤が3cm下がると、右肩が3cm下がります。
右肩が3cm下がると、首が右に傾きます。

ところがどっこい、人間は首を床に対して垂直に、肩を床に対して水平に保とうとする動物なのです。
するとどうなるかというと、背骨を左に曲げて肩を水平に保ち、首は左に傾けることにより垂直に保とうとするのです。
これは、身体が無意識に調整します。
この無意識の調整をバランス反応と言います。
このようにして、骨盤の傾き、背骨の曲がり、首から肩のコリが起きるのです。
全て無意識なんですね。

これは悪いことなのか?
答えは、ほとんどNOでしょうね。
骨盤や背骨が曲がってくれないと、バランスが悪くなって危険なんです。
ですから、骨盤の傾きありがとう、背骨の曲がりありがとうなんです。

これを防ぐことはできます。
靴の高さの調節(補高)が一つ、短いほうを人工にして脚の長さをそろえることが1つです。
何らかの手段で、脚の長さをそろえるとどうなるか。
曲がる必要がなくなるので、骨盤も背骨も首も元に戻ろうとします。
しかし、元に戻る時には多少の痛みが出る可能性があります、一時的ですが。

ですから、骨盤の傾きや背骨の曲がりを治そうとすることは必要でしょうが、いきなり治すことには注意が必要です。
人工関節手術後には痛みが出る可能性があると言うことですね、一時的ですよ。
また、骨盤の曲がり、背骨の曲がりは必要だから出ていると言うことを覚えておいて下さい。
悪者扱いしないでくださいね。
骨盤だって背骨だって、皆さんのことを思って、皆さんが楽に安全になるように調節してくれているのですから。ありがとうですね。


変形性股関節症を怖がらないでね