深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

私の主治医

私は7年前にひどい腰痛になったことがありました。
私の仕事にとって腰痛は致命傷です。
押せない時期もありました。
3年くらいいひどい痛みが続きました。
筋肉をほぐすと一時的には良いのですが、原因は筋肉ではなく明らかに腰椎の炎症でした。
咳をすると激痛、おじぎをして頭を下げると激痛でした。
体を曲げて患者さんのお尻を押したあと、まっすぐ体を起こすことが体の筋肉だけではできなくなり、うつ伏せになっている患者さんにばれないように腕の力で起き上がっていました。

「なぜ痛いんだろう・・・」とイライラした時期もありました。
皆さんの気持ちがよく分かります。
同居していた父の痴呆が顕著になってきて、精神的ストレスも抱えていた時期でした。

いろいろな整形外科病院に行きました。
ほとんどの先生は、椎間板がつぶれているのでヘルニアによる痛みでしょう・・・とのコメントでした。
レーザーによるヘルニアの手術を受けに行ったこともありました。
しかし、「この状態で手術をしても効果が期待できません。」と言われてしまいました。

現在はどうか? 別に手術をしたわけでもないのに、まったく痛みが無いんですね。
ほんの少し前までは、5人くらい押したあとに横腹に痛みが出る事はありましたが、今はまったく痛みません。

腰の痛い頃、何件も整形外科に行きました。
最初の6人の先生は、指一本触ってくれませんでした。
しかし、7人目の先生はすごい診察をしてくれました。
触りまくり、動かされまくりでした。
さらに凄いなと思ったのは、触りまくり動かされまくりの結果を見て、レントゲンの撮り方を指示してレントゲンを撮ったことでした。
特殊な撮り方でしたが、何とその結果原因がはっきりしたのです。
どうも私の腰の骨は軟骨がなくつぶれているというレベルではなく、上下の骨がくっついてしまっていたようです。
その為に体を動かした時に動きが大きくなり炎症が起きやすいということでした。
その結果が、はっきりレントゲンで確認できたのです。

素晴らしい診察でした。
治療としてロキソニンの処方だけでしたので・・・少しがっかりしましたが、原因が分かったことで、日常での注意点も理解できました。
何よりも、気持ちが楽になっていくのがはっきり分かりました。
それ以前はかなり多くの患者さんを診ていた時期がありましたが、それ以降はそんな無茶はしないようになりました。

こんな素晴らしい診察をしてくれる先生もいるんだなと感心しました。

皆さんも、気持ちが楽になるような診察をしてくれる先生が見つかるといいですね。主治医選びの一つの基準のように感じます。
ちなみのこの先生は70歳前後の先生でした。

変形性股関節症を怖がらないでね


NEWS! 8月18日に予定が入っていたのですが、キャンセルとなり1日中空いてしまいました。ご都合のつかれる方は施術にどうぞ。