深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

脚を地面に着くということ

皆さんは方向転換するときの軸足がどうなっているかご存知でしょうか?
体が左回りの方向転換時は左脚が軸になります。
このとき左脚が地面に着いたまま体が左に回転しますので、結果的に軸足となる(脚が地面についている)左股関節は内旋します。
上向きに寝て、足先を内側にまわすことを内旋と言いますが、当然脚が地面に着いたままで体を回した時も股関節は内旋します。
ですから、股関節の内旋が硬い人は方向転換が困難になるのです。
したがって、生活に多少不便を感じてしまうのです。

関節の動きが硬くなる原因は、靭帯と筋肉が主な原因です。
理学療法士の学生でも知っている基本です。
他には、骨の変形が原因になることもありますが、ごく稀です。
また、関節の遊び(関節の骨と骨の間の正常な緩み具合)も原因になりますが、はっきりした原因のあるケガでない限り関節の遊びが悪くなるのは、筋肉が原因であることが多いです。

このように、“脚が地面についているとき”という考え方は難しいのですが、世の中にはあまりにも脚が地面についていないときのことがクローズアップされすぎています。人間は脚を地面につけて動く動物です。

例えば、中殿筋。横になって脚を上に挙げる・・・これだけが中殿筋の強化法というか動きだと考えている人が多いです。
では、中殿筋は脚が地面についているときはどのような働きをしているのですか?
その働きを出してあげることが、中殿筋のもう一つの筋力強化法です。
脚が地面についているときに、中殿筋には骨盤をまっすぐさせる働きがあります。
中殿筋が弱い場合は、片脚で立つと骨盤が傾いてしまうので、結果的に肩が横に揺れてしまいます。
ですから、片脚で立って、肩が水平に保てる人は十分な中殿筋の筋力はあるのです。
片脚で立って肩が水平に保てる人は、横向きに寝てシャカリキになって脚を上に挙げなくてもいいのです。
片脚立ちで、肩が横に揺れる場合、中殿筋はかなり筋力が弱いと考えます。
これは筋肉の病気による筋力低下かもしれませんし、筋肉が痩せて筋力が弱いのかもしれません。
皆さんの場合は、筋肉の病気であるケースが多いのです。
仮に筋肉の病気が無い場合、横向きに寝て脚を挙げる運動はきつ過ぎます。
上を向いて寝て、足を外に広げる方法の方が向いているかもしれません。

筋力によってトレーニングの姿勢は変わります。
横向きでやってはいけない筋力の時もあるのです。

筋力トレーニングの基本中の基本です。
筋力の状態も知らないで、ただ『横に寝て脚を挙げて・・・』ということには危険性が潜んでいます。

自分にあったトレーニング方法を指導していただけるといいのですが。

少し話が難しいかもしれませんが、基本中の基本の話です。


変形性股関節症を怖がらないでね