深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

『痛み』について

私が、なぜ筋肉の施術をしているかという根本的なことについて説明しましょう。

1985年マイアミ医科大学疼痛センターで、無作為に選択された286人の患者さんの痛みの原因を調査しています。
痛みのため受診に訪れている患者さんを対象にして、診察にて原因を追究しています。
その結果、85%の患者さんの痛みの原因が筋・筋膜症候群という筋肉の病気だったんです

人種も違うし、いろいろと条件も違うでしょうが、この調査は人間の痛みに対する考え方を変えたように思います。
その後から世界的な筋肉に関するシンポジュームが開かれるようになりました。
大まかに考えて人間の痛みは、80%くらいであろうと言うことがいえると思います。

ですから、私は筋肉の施術をしているのです。

ケガ、疲労、不安、偏った使い方などによって筋肉は病気になります、手術も原因の一つと考えられます。手術が筋肉にとっては非常に大きなダメージですもんね。

病気になると筋肉の中に乳酸が溜まりすぎるんですよね、乳酸はセロトニンと言う痛みを出す物質に変化してしまうんですよね。
ですから痛くなるし、押されても痛いんですよね。
筋肉を柔らかくしてあげると、筋肉内の循環が改善して痛みの物質も疲労物質(乳酸)も流れてしまうんですよね。
そして筋肉は痛みのない筋力の出せる“正常”な筋肉に改善していくのです。
筋肉が正常になると、関節を守る力が強くなり骨や軟骨の変形の進行を止められるし、股関節内の自然治癒力が働きやすい環境になるんですね。

痛みってや~ね。
でも取れそうですね。



変形性股関節症を怖がらないでね