深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

そいつは突然やってきた!

そいつは突然やって来ることがあるんです。

『そろそろ伺いますので、よろしくお願い致します。』なんて謙虚にやって来てもらえたらありがたいんですけどねぇ。

そいつとは・・・答えは次回・・・な~んて、うそ。
そいつとは“激痛”のことです。

『ある時急に痛くなったんですよね。』という方は多いですね。
いかにもその時に骨がつぶれたように感じるかもしれませんね。
骨がつぶれたのであれば、脚が短くなりますよ~。
骨は急にはつぶれませんよ~(徐々に時間をかけて変形しながら、結果的につぶれているように見えることはありますよ・・・痛みは伴いませんよ。)。

急に出る痛みというのは、筋肉の痛みの特徴なんですよ。
筋肉内の乳酸が、徐々に・・・徐々に・・蓄積されて、いよいよ限界になる時があります。
そのとき筋肉内は著しい酸素不足なんです。
それはかなりの時間をかけて起こるのですが、限界に達したときに筋肉は挨拶なしに急激に激痛を起こすのです。
以前説明しましたが、限界の時に筋肉はつるんですね。
このときに激痛が起きるのです。

『あっ、骨がつぶれた!』なんてびくびくしないでくださいね。

可能な範囲でよく温めて、ゆっくり、ゆっくりストレッチをして、自分でも痛む周辺を押したり叩いたりしてみてください。冷静に!
かなり良くなりますよ。

この痛みは、ぎっくり腰に似ていますっていうか、場所は違うけど同じ現象なんですよ。

『股関節に起こった、ぎっくり腰や~』と、あのグルメレポーターなら言うでしょう。・・・きっと。


激痛のときは、びくつかないで冷静に。
きっと解決策はあります。
どうして、何をやっても、どう~してもだめなら、私が解決します!




変形性股関節症を怖がらないでね