深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

骨盤バンドの効果は・・・こうか?

骨盤バンドを締めること。
朝、首に骨盤バンドを締めて、キリリと出社・・・そりゃぁネクタイ。

骨盤バンドは骨盤のゆがみをなくす目的・・・これについては良くわかりません。

人間は歩くときに、やや外側に重心がかかりやすいようです。
そうならないように、膝関節がややX脚(エックス脚)になっています。(約10度くらい、専門的には大腿脛骨角170度と言います。)
しかし、常時外側に体重がかかりやすいので、年齢を重ねるとO脚になる方が多いのです。

重心が外側にかかると、股関節では大腿骨が外側に逃げるような力がかかります。
特に骨盤の屋根(臼蓋)が浅い方は、このような外側への力が多くなります。
それを防ごうとして、小殿筋や中殿筋が多く働かなくてはならず、外側に痛みが出やすいのでしょう。

骨盤バンドを大転子に当たるように巻くと、大腿骨が外側に逃げるような力を抑えることができます。
したがって、小殿筋や中殿筋といった外側の筋肉の余分な疲労をおさえることが期待できるでしょう。

大転子に当たるように巻いた場合、お尻の膨らみである大殿筋をおさえることにもなります。
筋肉は圧迫されると筋力が発揮しやすくなりますので、大殿筋を圧迫すると股関節の安定と共に腰が非常に楽になります。
人が足を地面に着いている時に、大殿筋には背筋を伸ばす働きがあるからです。

ただ、むれやすいこともあるので、夏などは注意が必要かもしれません。
暑さ寒さに合った素材選びが必要でしょうね。

最近はトリンプとかワコールとか・・・圧迫系の商品が出ていますので、大転子と殿部の筋肉を圧迫できるかどうかを選択基準にして、いろいろ試してみるのも良いでしょう。

私もマイバンドを持っていますが、最近は腰の調子も良いのでご無沙汰しています。調子が良いときにこそ使えのも一法でしょうね。


今日は勤労に感謝しながら勤労しました。
東京駅周辺、有楽町駅周辺、銀座周辺はかなりの人が出ていました・・・らしい。


変形性股関節症を怖がらないでね