深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

『10年後の君たちへ』から11年。

本題に入る前に・・・・

現在ホームページでの予約システムを改造工事中です。そろそろ完成しそうです。

●12月12日から新しい方々のみの予約を開始します。
1月後半から2月にかけて35名の予約枠を設定しました。
この35名に関しては私が診察と施術ポイントのプログラミングまでを行いますが、施術担当は新しいスタッフとなります。
●12月20日から、第2弾の予約を開始します。
2月以降の予約です。
予約枠は40名程度です。
すでに施術を受けたことがあり、その後予約が取れていない方々、
および新しい方々の予約を取ります。
担当は新しいスタッフとなります。

●3月以降の予約につきましては、1月中旬から3人のスタッフの空き時間を常時公開する予定でいます。

いろいろとご迷惑をおかけしていますが、今後ともよろしくお願い致します。



『10年後の君たちへ』

えらそうな題ですが・・・。
この言葉は埼玉医科大学短期大学で非常勤講師をしているとき、最後の授業を始める前に学生達に話した時のテーマです。

理学療法士の資格を取った後の進路は病院勤務だけではないこと、
私は1年後は理学療法士として働いていないことなど・・・を話しました。

あれからもう11年が過ぎました。
あのときの学生達は、どのような進路で活躍しているのだろうか?
患者さんのために頑張ってくれていると思います。

私はそれから1年後に整骨院の院長になっていました。
資格は柔道整復師でした。
今の深圧療法の基礎は、そこで学びました。
そこでは理学療法士の知識と経験を持つ柔道整復師でした。
現在は理学療法士と柔道整復師の知識と経験を持つ、あやしい整体師です。

整体師は、保険を扱わない商売。
“理学療法士に開業権は無い”と言われていますが、確かに法律的には医療類似行為としての開業権はありません。
しかし、商売には特に開業権は必要ありません。
開業と言っても様々な形があります。
自分の得意分野もいいでしょうね。

ただ、独立は実に難しい。
私も何回も失敗してきた。
もしも今後、希望者がいるようなら理学療法士の先生方が独立できる手助けもしていきたいなぁと漠然と考えています。
きっと喜ばれる患者さんも多いのではないでしょうか・・・?



変形性股関節症を怖がらないでね