深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

静かなる犯人

そいつは、内股の奥深くに隠れてしずか~にしているのです。
そいつは、『俺じゃないよ~』って顔でいつも私を横目で見ているんです。

そいつの名前は“内転筋 ナイテンキン”、正式には内転筋群(薄筋、長内転筋、大内転筋、短内転筋、恥骨筋) 。

皆さんの多くは、股関節の前側から外側に痛みを訴えています。
痛みを訴える場所は、腸腰筋、大腿直筋、中殿筋、小殿筋、梨状筋というそけい部~お尻の横っちょにある筋肉。

この筋肉群をガツンとすると、痛みは和らぐのですが、その痛みが再発する場合もある。
そんな時、内股の奥で昼寝をしている内転筋をガツンとして起こしてあげる。
『俺は痛みの犯人じゃないよ』とそいつは言うが、『お前が昼寝をして働かないから、負担が前側~外側に行くんだ!』といいながらガツンと起こしてあげる。

そうすると、内転筋が大腿骨を内側に引っ張ってくれて、股関節の外側への負担をやわらげてくれる。
結果、前側への痛みの広がりも少なくなる。

こいつを発見するのには時間がかかってしまったなぁ。

つづく



変形性股関節症を怖がらないでね