深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

人工関節の差

人工関節はそれを造る専門の会社で造られますね。
製品としては成分も形もほとんど同一なんでしょうね。
多少成分や形状が異なる製品はありますが、大きく考えると、大差ないと思います。

しかし、人工関節の手術を受けた患者さんの場合、長持ち期間にかなりのばらつきがあるように思います。

活動量の差?
手術技術の差?
患者さんを取り巻く様々な環境の差?
自分の骨の強さの差?

筋肉が股関節を守るという事実を考えると、筋肉の状態の差もかなりありそうですよね。
人工関節が固定されている自分の骨を強くするには、骨に体重をかけることが重要だという事実を考えると、手術側に体重をかける必要性もありそうですね。

私は、人工関節手術後20年以上経過している方を2人知っています。
2人の共通点は、もう片一方は手術をしておらず、人工関節の手術をした脚を軸にしているという点です。

不思議でしょ?
人工関節の手術をした脚で主に立っているので、そちら側の脚のほうが太いんです。

あれ?人工関節側に体重をかけたら人工関節が早くだめになるんでしたっけ?





変形性股関節症を怖がらないでね