深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

5%に・・・

鹿児島での出来事。
ある患者さんの言葉。

『以前の私の頭の中は股関節のことが95%だったのが、今は5%になっている。そこが一番変わったところです。』

この方の痛みがほとんどなくなったというのが大きな原因でしょうが、股関節についての間違った考え方を捨てられたことも大きな原因だったかもしれません。

最近の患者さんでも感じたことがありました。
その方は私から見ると非常に機能も能力も高く、大きな問題はないと考えました。
しかし、本人は『体重をかけると骨がつぶれると考えていました。だからできるだけ右脚には体重をかけないようにしていました。また、長距離(5~7分くらい)歩くのも行っていませんでした。骨盤の上のほうを股関節と思っていました。私はかなり悪いほうだと思っていました。』
銀座駅から私の施術所までは7~10分でしょうか?
その距離をタクシーに乗って来られたようです。

病院でそのように説明されてきたので、そのような考え方になったのでしょう。

腸腰筋に問題がありましたので、腸腰筋を中心に施術すると・・・走れる方がですよ・・・。
股関節に炎症はないし、関節可動域も正常でした。

皆さんは個人差が大きいので一概には言えませんが、『骨中心』の考え方から『筋肉中心』の考え方に変わると、余計な不安がなくなり怖さも無くなっていく方が多いです。

「思っている以上に良い機能と能力がありますよ。自信を持って右脚に体重をかけてくださいね。」
『帰りは銀座駅まで歩いていいですか?』
「はいどうぞ、お気をつけて!」

頭の中に股関節のことが5%くらいになれると、心身ともに楽になれますね。


変形性股関節症を怖がらないでね