深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

坂道を転げ落ちるかのように・・・

変形性股関節症の場合、一度変形が始まってしまうと「坂道を転げ落ちるかのように変形が進んでしまいます。」と説明されることが多い。

坂道を転げ落ちるのであれば、途中で止めることを考えることが治療者には必要だと思います。

「坂道から転げ落ちきったら、また来てくださいね。」とは言わないでしょうが、これではあまりにも治療者としては無策ではないでしょうか?


考えないといけないのは、なぜ坂道を転げ落ちるかのように変形が進むのかと言う事です。
その原因を考えると、2つのことが考えられるでしょう。

1、骨の栄養を養う血流が少なくなった。(血管の異常)
2、股関節にかかる衝撃を吸収する力が低下した。


原因不明と言う原因もあるのでしょうが、そう考えると治療ができません。
考えられる原因を考えた方が良いでしょう。

原因が考えられたら、治療法も出てきます。

1、は血管を広げる方法を考えればいいでしょう。
血管が広がる方法と言ってもいいかも知れません。
ストレスをとること、温めること、血管を広げる薬を使うこと・・・などが考えられるでしょう。
筋肉をほぐすことは、神経ペプチドの作用によって血管が広がると言われていますので、筋肉をほぐすこともいいことでしょう。

2、は、衝撃を吸収するものは何かと言う事を考えると、治療法が出てくるでしょう。
股関節への衝撃を吸収するのは、筋肉の収縮力です。
筋肉が正常に収縮できるようにしてあげて、筋力を鍛えてあげることが治療法になるでしょうね。


私は、坂道から転げ落ちることを止めようとしています。


重要なことは、股関節周囲の筋肉を正常化して股関節への衝撃吸収力を高めることです。
そして、股関節に負担がかからない状態で、脚に体重をかけることです。(筋力強化)


これが松本法(深圧+患側荷重法)です!


限界があるかもしれない、でも、坂道から転がり落ちるのを見て見ぬふりはできないです!

まずは、坂道から転げ落ちるのを止めること。
うまく止まると、坂道を自分の力(自然治癒力)で登りだす人もいるのです。


もしも、坂道から転げ落ちている私がいたら、皆さんはどうしますか?



「助けてよ~」



助さん、格さんなら、助けてくれると思うんだ。



変形性股関節症を怖がらないでね