深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

あやしい関係?

決してあやしい関係ではないのですが、皆さんが歩くときの足首(足関節)と膝(膝関節)の動きには一定の関係があります。

これをKnee-Ankle Combination(ニー・アンクル コンビネーション) と言います。
Kneeは膝関節、Ankleは足関節です。

足首が上に動く(背屈)とき膝は伸びる。
足首が下に動く(底屈)とき膝は曲がる。
こういう決まりがあるのです。

皆さんが歩くときに、踵を床につけると足首は背屈するので膝が伸びるんです。
逆に、つま先から床につけると足首は底屈するので膝は曲がります。

私が「踵から着いて」と指導するのは、踵から着いて膝を伸ばして体重をかけると、しっかり股関節まで体重がかかるようになるからです。
そうすれば、“筋力が低下する”ことを防げるのです。

つま先から着いた方が楽なので、そのように歩いている方は意外と多いです。
つま先から歩くと、膝が曲がるためももの表側やお尻の筋肉が使えないので、ももやお尻の筋力が低下します。
また、つま先で歩くとすねや膝の痛みなどが出やすくなります。

意識をすることによって踵から床に着くことができる方は、ヒールコンタクトを意識してみてください。
すねや膝の痛みがなくなり、ももやお尻周りの筋力がついてくる可能性が高くなるのではないでしょうか?



変形性股関節症を怖がらないでね