深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

常識の非常識シリーズ 8

●4月18日~21日まで札幌に施術に行きますが、まだまだ空きがございます。
ご希望の方はホームページよりお問い合わせください。



『トレーニングしないと、骨がだんだん悪化する。』
     『トレーニングをしないと、筋力がどんどん低下する。』

そう思っている人が実に多いように感じます。

これはほとんどうっそで~す。

そう思い込んでいる方は、『あ~今日もトレーニングやらなかった・・・』とか『トレーニングやらなきゃ、やらなきゃ、やらなきゃ・・・』となってしまい、自分の心を追い込んでしまうというか、落ち込んでしまっている方が多い様に感じます。

そう感じている人は私だけでしょうか?

変形性股関節症は、骨がどんどん悪くなる病気ではありません。
骨が悪くなる状態(筋肉が病気のまま生活すること)では、トレーニングをすればするほど骨が悪化することはあります。
骨を守っているのは筋肉が発揮する筋力です。
筋肉が病気では、筋力がある人でも筋力を発揮できません。
つまり、筋肉が病気だと自分の持っている筋力の数%しか使えなくなってしまうのです。

これも筋力低下の一種ですが、脚をかばって筋力が落ちる筋力低下とは違う種類の筋力低下なのです。

骨や筋肉に適度に重力をかけていれば、それ以上に筋力が低下したり、骨密度が低下することはないのです。


常識に惑わされてはダメダメダメ!


変形性股関節症を怖がらないでね