深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

おしっこを我慢してた日々

リリー・フランキーです。札幌です。




その方は両方のRAO(臼蓋回転骨切り術)手術を受けていた。

私に会うまでは『おしっこも我慢していた』・・・らしい。
立つのも痛い、トイレまで歩くのも痛い、便器にしゃがむのも痛い・・・トイレが怖かったのでしょうね。

去年3月に初回の90分。
今回が3回目の90分。
合計、3回×90分=270分の施術時間。

今回は前回よりもしっかり歩けて来たらしい。
良い歩き方になった。
うれしかった。

初回に痛がった筋肉はもうそれほど痛がらなかった。
まだ反対の脚に痛がる筋肉があったのでガツンした。

今日施術した筋肉が正常になるとかなり歩けるようになるだろう。

手術を受けた方には『手術をしてよかった!』と言ってほしい。
その言葉が聞きたい一心で心を鬼にしてガツンした。

今秋、札幌で4回目にお会いする日が楽しみになった。

手術は失敗が少ない。
ただしそれは、レントゲン上の話。
人間は骨だけでできているわけではない。

レントゲンに写らない部分も含めて総合的に診ないといけない。

『手術しなけりゃよかった・・・』
そう思っている方も、良くなる希望を捨てないで頑張ってほしいと思う。

そんな札幌の初日でした。
札幌は暑いです。


変形性股関節症を怖がらないでね