深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

深圧マルアール

『深圧』が特許庁に商標登録されました。

これからは『深圧』の後ろに(マルアール・・・Registered trademarkの頭文字のR)
をつけることができるようになりました。

深圧は、“股関節の施術法”という意味ではありません。
皆さんの全身にあり、レントゲンや血液検査では異常が見つけられない“筋肉の施術法”の1つです。
深圧の特徴は股関節周囲にも多い深層筋までをほぐせることです。

“筋肉の施術法”、同様な施術法としては、『マイオセラピー』『トリガーポイント療法』『ディープティッシュセラピー』『インナーマッスルセラピー』『プレート療法』『筋・筋膜伸張法』などがあります。
それぞれの言葉で検索をしてみると多くの情報が得られるでしょう。

テレビという分野において『AQUOS』『BRAVIA』『VIERA』というブランドがあるのと似ています。
『深圧』は筋肉の治療方法の1つのブランド名です。
基本的に理論はほぼ同じですが、方法が異なるのです。

私のブログ以外で筋肉の施術に関する勉強をしたい方は、こちらこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?
筋肉の病気を治療するには注射、筋肉を押す、筋肉を伸ばすことが有効です。
皆さんもご存知の方は多いと思いますが、石川県の加茂先生は、主に注射で治療されています。
私は肘や指で筋を押しています。

銀座に来る前は、原宿でSPA(スパ:美を目的とするエステではなく、健康を目的とした施設)のスタッフに教えることもしていました。
1996年から始めたこの施術法は、2002年から深圧と呼ぶようになり、2004年の国際SPA会議でも『深圧』を発表した。
このときは筋を押す『深圧』では無く、『深圧』のセルライト除去トリートメントへの応用について発表しています。(ホホバオイル使用)
しかし、私はセルライト除去トリートメントは行なったことがありません。
当時の原宿LE SALON ORIENTの仲間が開発・実践して、某SPA施設だけで指導・実践していました。

なになに、『セルライト除去・・・』?・・・ムムムム。

現LE SALON GINZA スタッフの宮川はそのSPAのスタッフでしたので、現在では宮川しかできません。
宮川は現在股関節の施術のみですので、『セルライト除去・・・』は行っていません。
今後もアロマセラピーなどは行っても『セルライト除去・・・』は行わないと思います。


そんな『深圧』の商標は、施術分類だけでなく教育分類でも登録しています。
施術時のデータも蓄積されつつありますし、教科書も完成しています。
もう少しスタッフが増えてきたら施術だけでなく教育・研究にも力を入れて全国の方々のお役に立ちたいと考えています。






今後とも宜しくお願いいたします。

LE SALON GINZA 
松本、宮川、佐藤(最近、定岡投手に似ていると噂の)







変形性股関節症を怖がらないでね