深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

脚をかばって良いのか?

脚をかばって良いのか?

脚をかばうと、筋肉も骨もやせてしまうことは常識です。
筋肉がやせるとは、筋力が低下すること(かばった分だけ筋力は低下するが、それ以上は低下しませんよ!)
骨がやせるとは、骨密度が低下して骨が弱くなること。

骨を守っている筋肉が弱くなり、骨の中の血液循環が悪くなり骨がもろくなる。

一見、脚をかばうと骨が長持ちするように思えます。
しかし、実は、脚をかばうと骨の変形は進みやすくなるのです。


じゃぁ、脚をかばわなきゃいいのか?


『痛いからかばううんです!』


痛かったら、痛みを軽減させれば良いでしょうね。
痛みが軽減すれば、脚をかばわなくなるから筋肉も骨も強くなる。


『骨と骨が当たりそうで怖いからかばうんです!』


脚に体重をかけると、何となく骨や軟骨がすり減りそうですもんね。

痛みがなければ、体重をかけても骨や軟骨は減らないんです。
股関節周りの筋肉が、しっかり股関節を守るからです。(股関節への衝撃吸収作用)

怖さが筋肉と骨をやせさせているんですね。
痛みがそれほど強くなければ、怖さを持たないことが重要なんですね。


これらのことはDVDで詳しく説明しています。
以上の内容をより理解するには、もう一つの常識も頭においといた方が良さそうです・・・。

(つづく)




変形性股関節症を怖がらないでね




先日伊達公子さんがシングル優勝時に『こっぱずかしい・・・』と言っていた。

“こっぱずかしい”けど、今回作ったDVDの内容は、画期的内容であり、内容がわかりやすくできていると思います。
一家に一枚・・・お勧めします!

●DVD『股関節長持ち術』のご注文はこちらからどうぞ。
●銀座、6月~7月の施術予約はこちらからどうぞ。