深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

脚をかばって良いのか? 2

脚をかばって良いのか?

正常な筋肉は、みなさんが脚を床に着いたときに股関節にかかる衝撃を吸収するということは常識です。


100歳を過ぎたお年寄りでも、骨も軟骨はしっかりしています。


股関節の構造が正常であると言うこともあるでしょうが、筋力が低下すると軟骨が減るものではないということは事実。


“正常な筋肉”というのがみそ。

筋肉にも病気がある。
筋肉が病気になると、痛みが出て筋力は出なくなる。
股関節を守っている筋力が出なくなるので骨に負担がかかる。
だから、筋肉が病気の時は脚をかばうことは良いことなんです。
しかし、脚をかばうことを長期間行うと良くないですね。

そこで必要なのは・・・筋力トレーニングではない!

“病気の筋肉”を“正常な筋肉”に治すことが先決!

筋肉が正常になったら徐々に筋力トレーニングをしても良いけど・・・。
筋肉が正常になると、痛みが軽減するので脚に体重をかけて動けるようになるから、トレーニングしなくても筋力はついてきます。

みなさんの筋力低下は、脚をかばったから起こった筋力低下ですからね。





変形性股関節症を怖がらないでね




●DVD『股関節長持ち術』のご注文はこちらからどうぞ。
●銀座、7月の施術予約はこちらからどうぞ。