深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

外側が痛い!

股関節の外側を痛がる方は多い。

場所はおへその外側にある腰骨(腸骨)の下~お尻の横にかけて。
大転子(だいてんし)の前と上と言ってもいい。

ここは股関節ではない。
ここには上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく:略語はASIS)や大転子という、筋肉が多くくっつく骨がある場所。


筋肉名では、大腿筋膜張筋、中殿筋、小殿筋があるところ。

この3つの筋肉は、股関節を外に広げる(外転)筋肉です。

股関節を外転する筋肉が痛むのだから、脚を外に広げるトレーニング(痛がっている筋肉を使っての運動)は危険性が高い。


股関節の外側が痛い場合の基本的な対処法は・・・

『外転筋をほぐし、逆の働き(拮抗筋:きっこうきん)である内転筋を強化する。』


内転筋を強化して、立っている時や歩いている時の重心を内側にもっていく。
そうすると、重心が外にいかない分、外側の筋肉への負担が減るという作戦。


外側が痛い人、ぜひお試しを!



変形性股関節症を怖がらないでね




●理学療法士のための「深圧実技研修と独立開業支援セミナー」募集中!
詳しくはホームページをご覧下さい!
そろそろ、一端締め切ろうと思います。

●「冷やし中華」あります!・・・じゃない、「らっこちゃん」あります!