深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

関節はどこだ!

大原先生が吉祥寺駅前で開業しました!
ホームページの準備が遅れていましたが、完成しました。
詳細はこちらをどうぞ!
皆さん、よろしくお願い致します。




}『2つの修復パターン』の記事で出てきた図を見て下さい。↓




この図では、脱臼しないように大腿骨頭が“像の鼻”のような修復を行い脱臼を防いでいます。

このレントゲンを見る時、像の鼻の形の様な部分はどうでもいいんです。

問題は、股関節がどこかと言うことです。
動くのは股関節です。


大腿骨側の骨と骨盤側の骨でできた関節だけが動くのです。

像の鼻の形が正常と異なることなんか全く関係ないんです。



上の図で股関節の関節面を見てみると、ほぼ正常です。

その下を見ると像の鼻がありますが、下の方はどうでもいいんです。



皆さんはレントゲンを見る時に全体的な形が、正常とはどのように異なっているかを見るかもしれません。


しかし、重要なことは動く部分、つまり関節面だけを見ることなんです。


股関節を動かしたとき、動くのは関節面だけだからです。


私は主に関節面を見ています。





全体像を見てびっくらこいちゃ・・・イヤッ!




変形性股関節症を怖がらないでね


銀座1丁目・当店のホームページ■  ●予約はこちらから  ●お問い合わせはこちらから

吉祥寺・大原先生のホームページです!