深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

まゆみちゃんの未来はどうなるでしょう?

最近、久しぶりにまゆみちゃんとメールのやり取りをした。


知り合ってからもう17年になるだろうか。


当時、彼女は20歳だった。
交通事故で首から下の神経が麻痺して手足が動かなくなった。

私は大学病院で彼女の担当理学療法士だった。


『口で文字・絵をかいてみようよ。』
鉛筆を口にくわえて初めて文字を書いた。
とても読める字ではなかった。


彼女はいつも笑っていた。
彼女に言ったことがある。
『いつも笑っているね。君はすごい人だね。』

『みんながいないところでは泣いたんだよ。』・・・そうだよね。



今では、あごを使って電動車椅子を動かし、文字どころか絵も上手に書ける。
もちろん口を使って。
“さや”という名前で高校の先輩と一緒に絵手紙を書く活動をしている。




先日、再生医療iPS細胞の番組を見た。
皮膚の細胞などを使って、ほとんどの臓器を再生できるようになるようだ。
また、ほとんどの病気の治療が自分の細胞を使って治癒できる可能性も高そうだ。


今ではかなり研究が進み、神経細胞も再生できるレベルまできている。
ねずみを使った研究では、すでに一度死んだ脊髄神経細胞が再生されて歩けるようになっている。



まゆみちゃんの未来も、そうなる可能性があるんだ!



そんなわけで、思わずまゆみちゃんにメールをしたわけです。





iPS細胞は、安全性においてまだ問題はあるようだが、大きな可能性を秘めた細胞です。



皆さんの無くなった軟骨や骨の再生も可能かもしれない。
意外と早くに解決するかもしれない。


情報を集めながら、希望を持って生きたいです。



未来の私の病気もほとんど解決するかもしれません。
やはり、手相占いで言われた93歳まで生きられそうだよ・・・ハハハハ。






変形性股関節症を怖がらないでね




名古屋・早川先生のホームページ