深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

手術後・・・助かった!

福島での話。

その方は、人工関節の手術を受けていました。
手術以前は、子供の頃から股関節の症状があり、下を向いて歩くことが多かったようです。

手術に関して色々な情報を集めて、人工関節手術後8日で退院できる病院を選んだようです。

しかし、手術後の経過が悪かったのです。

精神的に落ち込み、うつ状態になったようです。


かつて、情報をいろいろと調べている時、人工関節患者さんのブログに「銀サロに行ってきました!」と書かれた記事があり、このブログを見たようなんです。

そして、このブログのブックマークの「南福島整体院」を見て『近くにも先生がいるんだ・・・』と思い、この情報を頭の片隅に置いていたようなんです。


人工関節手術後の落ち込んでいる時に、この情報を思い出し、南福島整体院の大内先生の施術を受けたようなんです。

その後は順調に回復して、私が初めてお会いした時には、すっかり良くなっていました。

施術中に、その方の「今は幸せです!」という言葉を聞いた時、目の奥が熱くなりました。

人工関節のブログを書いていた方に感謝、このブログを見てくれたことに感謝、大内先生に感謝、情報を信じてくれたその患者さんに感謝です。

本当にうれしかった。

何より、その患者さんが胸を張ってしっかり前を向いて歩いている姿がうれしかった。
助かってよかったです。


最近は、人工関節手術後の入院期間が短くなりました。
手術法も進歩しています。
手術後の経過が非常に良い人もいるのですが、手術後に経過の悪い人も確実にいます。
もちろん、レントゲン上は手術は大成功なんですよ。
レントゲンに写らない筋肉に異常が多い場合がほとんどなんです。

このようなケースの場合、時間が経てば回復するものでもありません。
誰かが、何かの方法で手助けしないと・・・。
このような場合、筋肉は病気ですから筋力トレーニングは危険性があります。


思い切って臨んだ手術。
手術後の経過が悪い場合は、ぜひご相談下さい。
手術後の経過が悪い方が周りにいらっしゃったら、ぜひご紹介下さい。


「手術をして良かった。」という言葉が聞きたいです。




変形性股関節症を怖がらないでね