深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

脚が上がらない! 3

●先日発売された『わかさ』に股関節痛の解決法として“骨髄ドレナージ法”のことが書かれていました。
極小さな手術で痛みが取れるというのですが・・・。
現段階では肯定も否定もできませんが、私なりに考えてみて記事にしたいと思います。
まったく新しい考え方で、理論的には理解できる面もあるので興味はありますね。

●7月の博多出張の場所が決まりました。(7月10、11、12日)
博多駅前です。
お問い合わせいただいた方には、施術に関する詳細をお知らせいたしますので、その内容を確認してからご判断ください。
お問い合わせはこちらからどうぞ。

6月の深圧研修会の申し込みは今月いっぱいで締め切らせていただきます。
お申し込み頂いた方々には、5月前半に関連資料をお送りいたします。
宜しくお願い致します。



「脚が上がらない!」

自分の力で脚を上げたり脚を振り出す筋肉は腸腰筋ですが、その動きを邪魔する筋肉があり、その筋肉は内転筋でした。

他の人に股関節を曲げられた時、股関節の曲がりを邪魔する筋肉もあります。

その筋肉は、上前腸骨棘の下にあります。

筋肉名で言うと、大腿筋膜張筋、縫工筋、大腿直筋です。

皆さんは、筋肉名というより場所で覚えるといいと思います。

場所は、銀座の松屋から伊東屋の方に向い、メルサを右折して・・・。
当店の場所じゃなかったか!

他動運動時に股関節の曲がりを邪魔する筋肉群がある場所は、上前腸骨棘という骨の下になります。

上前腸骨棘は、一般的に腰骨(こしぼね)と呼ばれているでしょうか。

ですから、腰骨の下をガッツン、ガッツンほぐすと曲がりやすくなる人がいると思います。

この図の青い部分のように、上前腸骨棘の下をぐるりとほぐすと良いと思います。
手のひらででも、すりこぎ棒ででも、らっこちゃんを逆さまにして押しつけてもいいでしょう。


皆さんの脚を少しでも上がりやすくしたいです!



変形性股関節症を怖がらないでね