深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

骨髄ドレナージ法 3

昨夜何気なくテレビを見ていたら、カーペンターズが出ていた。
20歳代のカレンがスクリーンの中で歌っていた。
“Cross to you”
そのスクリーンの前にピアノがあり、おじさんになったリチャードがピアノを弾きながらスクリーンの中のカレンとハモっていた。
カーペンターズ世代の僕は、ちょっぴり泣いちゃった・・・エヘッ!


●骨髄ドレナージ法●
『関節の骨や軟骨の表面にひび割れのような傷ができると、そのひび割れから骨の中の骨髄内に関節液が入り込んで、骨髄の中の内圧が上がるため神経のある骨膜を刺激するので激しい痛みが出るのです。』という考え方に基づいて、「骨髄ドレナージ法」という局所麻酔による手術にて、骨に穴をあけて、中の骨髄と関節液を抜いて、内圧を下げることによって、骨膜に感じていた痛み(=股関節痛)を取りさり、完治させるという方法。


筋肉の重要な役割は、股関節にかかる衝撃を吸収することでしたね。

筋肉が病気になってしま、衝撃を吸収できない状態が続くと骨にひび割れが起きることがあります。
このブログでは、“慢性骨折”という言葉で説明してきました。

骨の表面にひび割れが起きると、そこから関節液が骨の中にはいるというのです。
すると、骨髄内の圧力が上がります。

雑誌「わかさ」5月号によると、骨の中にある骨髄の内圧が上がると、骨の外にある骨膜に痛みを感じるというのです。

この骨膜の痛みが“股関節痛”だということです。


Remember!

骨膜のことを思い出して下さい。
下の図の斜線部分が骨膜です。
骨の外側を覆っている膜です。
骨の関節部は“骨膜が進化した”と言われている関節包です。
骨膜や関節胞には神経がありますので痛みは感じます。





でもどうして、骨の中の圧が上がると、骨の外の骨膜が痛むのか?

実は骨の中と外を結ぶ穴があいていて(その穴の中には血管が通っているのですが)、骨の中の圧が高まると骨髄が骨の外に出ることは考えられます。
そして、骨膜が圧迫されて痛みが出るということなんでしょう。


その問題を解決するのが、骨髄ドレナージ法だということでした。


次回は、骨髄ドレナージ法の手術法について、考えてみたいと思います。
ちょっと難しいですが、できる限り簡単にまとめてみます。




変形性股関節症を怖がらないでね






若い人はごぞんじではないと思うのですが、カレン・カーペンターは32歳で他界したんだよね。
だから泣いちゃったんだも~んだ。