深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

すねが痛い!

すねが痛いという患者さんは実に多いんです。
そういう私もすねがだるいような痛いようなことが日常的にあります。
1日中立ちっぱなしで仕事をしていますので、脚が疲れているようですね。

すねは漢字で“脛”と書きます。
膝のお皿の下に、すねの骨があります。
脛骨(けいこつ)と言います。
ここをぶつけると痛いですね。
“弁慶の泣き所”と呼ばれるくらいですから。

脛骨のちょっと外側に筋肉があり、ここが痛いんです。
ここには前脛骨筋(ぜんけいこつきん)という筋肉があります。
実はその奥に、足の指を動かす筋肉があり、さらに奥には足の親指を動かす筋肉もあります。
単純にこの筋肉が疲れているということもあるでしょうが、股関節周りの筋肉が原因の関連痛として、すねが痛いことも多いと思います。





5月3日の夜にパレスホテル大宮に泊まっていました。
そこにこんなイスがあったんです↓



クローズアップするとこんな感じでした↓

イスの脚の木の部分が、座面の高さまでのびていたんです。


このイスに、こんな風に膝を曲げて(正座ですね)座ってみたんです↓
(ちょっとボケボケですが)



そしたら、イスの脚の木の部分の先端が、すねの筋肉に見事に当たって気持ち良いのなんのって。
しばらく前脛骨筋をほぐしてみました。

しっかりほぐせると、結構脚が楽になるんですよね。

この筋肉をほぐすことは難しいんです。
でも、ゴルフボールでも床において、正座をしたら、見事にこの筋肉をほぐすことは出来ます。
しつこくほぐしてみると、痛みは軽くなるでしょう。



間違っても“弁慶の泣き所”には当てないでくださいね。

泣きたい時以外はね・・・。



それにしても・・・・このイス欲し~の。



変形性股関節症を怖がらないでね