深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

絶対おかしいよね!・・・よね! 2

8月ですね。
今年は大雨ですね。
大雨、地震、大丈夫ですか?

8月には東京のある先生の最終指導を行なっています。
股関節専門の深圧施術者です。
すでに技術的には完成に近いのですが、知識と専門的な技術を指導しています。

秋頃には皆さんに紹介できると思います。
吉祥寺か?立川か?それとも・・・?





先日来られた患者さんは病院でこう言われたそうです。


「手術をする気になりましたか?」



人工関節の手術を勧められたようです。

人工関節を勧められること自体は、珍しいことではないけど、この患者さんに対しては絶対におかしいと思った。


子供の頃、先天性股関節脱臼があった。
現在の年齢は30歳代中盤。
走れる。
筋肉の施術にて痛みは軽減した。
関節可動域も広がった。
長距離歩くと少し痛みが出る程度。


施術の結果を差し引いても、その方の経過、年齢、総合的な運動能力、痛みの場所と痛みの質などを問診や触診で調べれば、こんな言葉は出ないと思う。

股関節専門の先生。
ほとんどレントゲンだけしか見ていない。

レントゲン写真も、正常ではないが、異常は強くない。


私は、「先天性股関節脱臼があった。」と聞くと一安心することがある。


それだけ経過が長いということは、すでに骨の変形(修復)が終わっている方が多いからです。


“末期”と言う言葉よりは“安定期”の方が適語だと思う。


総合的に考えて、人工関節の手術が必要な方もいると思います。

しかし、しっかり診察をして適応を検討するべきであり、手術は最終手段であるべきです。



膝関節では、ほとんどのケースで手術は最終手段となっているのに、なぜ股関節はそうではないのか?

同じ変形性関節症であるのに、なぜ股関節だけが「進行性だから・・・」と言う考え方になるのだろうか?



ただいま、「絶対手術はしてはいけません!」という股関節専門の整形外科医を紹介できるように、その先生と交渉をしています。


絶対手術をした方がいいと考える先生がいっぱいいても良いと思うのですが、絶対手術をしてはいけないという先生もいっぱいいても良いよね。


絶対手術をしてはいけない、と言う先生があまりにも少な過ぎることが問題だと思うんです。



変形性股関節症を怖がらないでね




NO MORE HIBAKUSHA!