深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

『ごめんなさい!』

どうしたら皆さんが楽に施術が受けられるのか・・・もう10年以上考えてきた。


ベッドはアメリカ製のクッションが厚く柔らかいものになった。
幅も70cm以上あり、身体の向きを変えやすいタイプにした。
頭の枕は、気持ちよく沈むデンマーク生まれのあの枕にした。
顔枕はできるだけ顔にしわがつきにくく、うつ伏せになった時に顔の下に敷く紙も肌にやさしいタイプを選んできた。




患者さんの関節の動きに合わせて、3つの枕を準備するようになっていた。




その患者さんは、股関節が伸びにくかった。(股関節屈曲拘縮)
だから、一番大きくて高さのある枕を膝下に入れて施術をしていた。
(上写真の真ん中の枕)

うつ伏せになった時は、股関節と足先に小さなまくらを入れていた。





『ごめんなさい。』
かなり配慮していたつもりだが、この方には不十分だった。



上向きで施術する時に、大きな枕を膝下に入れてはいたが、その枕では高さが低すぎたのだ。

股関節の屈曲拘縮が強い方の場合、かなり大きな枕を膝下に入れないと、ももを押す時に腸腰筋が伸ばされ過ぎて痛いのだ。




今では、膝下に枕を2つ入れるようにした。


これで、施術時の患者さんの姿勢としてはかなり楽になった。



この姿勢で施術を受けるようにしてから、施術後の効果がさらに上がった。
施術時の姿勢が苦しくなると、痛みが増えることがあるのだ。


『長い間気づかずにごめんなさい。』


患者さんに申し訳なかった。



如何にしたら、患者さんが楽に施術を受けられるのか。
“股関節専門”では、特上の配慮が必要になることがあるのです。


以後、気をつけています。








変形性股関節症を怖がらないでね