深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

無意識の管理

●今週の日曜日に“股関節患者さんのための安心・安全ピラティス”の仮撮影を行います。
●らっこちゃん2号は、現在業者に作成を依頼しています。
 近々完成予定!
●本は原稿用紙270枚を書きあげて、現在読み返し中。
近々、皆さんに原稿用紙2枚くらいの『体験談』をお願いする予定です。
是非私に!という方がいらっしゃいましたら、遠慮なくワード文章にて送りつけて下さい。
 (内容は◉子供の頃からの簡単な経過 ◉深圧施術前の状態  ◉深圧をどのように知ったのか ◉現状 )
最終的には出版社の判断になりますが、載せたいと思います。
問題は、出版社がこの本を気に入ってくれるか・・・・ですけどね。




股関節を自己管理するのは良いけど、無意識の時には自己管理できませんね。

具体的には寝ている時には、脚の位置を自己管理することができないということです。



人間の関節には“良肢位:りょうしい”というのがあることは以前書きましたね。


寝ている時には、股関節を少し緩めた角度(軽く曲げた角度)で寝れると良いんですけどね。

私は寝像が悪く、腰が痛かった時には、朝起きた時に腰が痛くて寝像の悪さを恨んだものです。


皆さんの中には、朝起きた時に痛みを感じる方が実に多いのです。


無意識に寝ている時の股関節の位置を、朝まで自己管理できると、朝起きた時の痛みが変わるのではないかと考えています。

そして、その変化は、日常生活での痛みにも良い効果を与えるように思うのです。


腰が痛かった頃からの夢、寝返りのできる膝下枕の作成。
どんな格好になろうが、膝の下から動かない。
どんなときにも
ひざ裏にらっこ。


皆さんの股関節にも効果があるのではないかと考えています。



株式会社高田ベッド製作所という会社があります。

この会社の治療用ベッドが好きで、整骨院時代、お台場のヴィーナスフォート時代、原宿時代には高田ベッド社製のベッドを使っていた。

今は皆さんが上を向いて寝て施術をする時に、膝下に入れている“半円枕”は2種類とも高田ベッド社製です。


皆さんが楽に眠れて、寝返りもうてる膝下に入れる枕、人呼んで“らっこまくら”を、株式会社高田ベッドさんの協力のもとで、試作に入れそうになりました。


設計図は出来ています。
近々、担当者と話をする予定です。


試作品ができたら、まず自分で使ってみるんだ!



ず~と頭の中には案があったんですが、やっと頭から抜け出せそうです。

脚を伸ばしたまま寝ていると、朝つらいもんね。


皆さんの朝の痛みも解決できると思うんです、はい。





変形性股関節症を怖がらないでね




初めての方、お待ちしてます!
吉祥寺・大原先生のホームページ
名古屋・早川先生のホームページ