深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

軟骨は擦り減らないんだよ!

●は~るばる来たでか~ごしんむぁ~。
あ~なと食べたい、さ~け茶づけ~!

昨夜、鹿児島空港から霧島に着きました。

霧島は寒いです!



もともと人間の軟骨は擦り減りません。
臼蓋形成不全があっても、軟骨が減ることなく過ごしているお年寄りもいます。

ただ、人工軟骨だけは擦り減ります。





テレビでも雑誌でも病院でも“軟骨のすり減りには・・・”“軟骨のすり減りが・・・”という言葉を使いますね。



プロの方も皆さんも、もう“軟骨のすり減り”という表現を使うことはやめましょうね。


軟骨は、軟骨軟化症という病気になるから少なくなっていくだけです。
わかりやすく書くと、軟骨が栄養不足になるから軟骨細胞が少なくなっているだけです。


軟骨軟化症は治る病気です。
軟骨軟化症は治せる病気です。

早めに治せば、どんどん減るのを防げるのに・・・『痛くなったらまた来てください。』と言って放っておかれるからどんどん少なくなるんです。


いけまへん!



軟骨軟化症は、筋肉が縮んで大腿骨頭が骨盤に強く押しつけられている状態が長期間続くと起こります。
この時の軟骨は2つの骨で強く押しつぶされて、関節液の中に含まれている栄養を吸い取ることができないんです。
だから、こんな時はサプリメントなんか効果ないでしょう。


『あたしを早く楽にして!』軟骨ちゃんの叫びです。


筋肉を緩めてあげて、関節を緩めれば、皆さんが歩く時のスポンジ効果で軟骨は元気になります。
こんな時は、サプリメントは効果を発揮するでしょう。



軟骨も生きているんです。
栄養も酸素も必要としています。




人工関節の人工軟骨は生きていません。
ですから、すり減るんです。
このことは事実です。



しか~し、ご安心ください!

人工関節のすり減りも防げるのです!



つづく







変形性股関節症を怖がらないでね




初めての方、お待ちしてます!
吉祥寺・大原先生のホームページ
名古屋・早川先生のホームページ