深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

軟骨は擦り減らないんだよ! 2

●風邪かと思いきや花粉症だ。
霧島には杉の木が多いからだけど、こんな症状は初めてじゃ!
タオル片手にあと3日頑張ります。皆さんもお気をつけ下さい。


もともと人間の軟骨は擦り減りません。

だた、人工軟骨だけは擦り減ります。
人工関節の人工軟骨は生きていません。
ですから、すり減るんです。
このことは事実です。



しか~し、だからと言って、どのくらい長持ちするのかというのを“運”や“偶然”だけにゆだねていいのでしょうか?



ゆだねるのも1つの生き方です。



自分の力で、自分の人工関節を長持ちさせるという選択肢はありますのでご安心ください!



人工関節のすり減りは防げます。

人工関節患者さんの人工関節の長持ち期間に個人差が大きいのは、筋肉の状態の差によるものです。



そう、そこで活躍するのが“衝撃吸収力”です。

靴の中に入れた衝撃吸収製品のような“小さな衝撃吸収力”の話ではありません。

人体最大の“衝撃吸収力”をほこる、“筋肉の収縮力”の話です。


筋力の収縮力、特にお尻周りの筋力の収縮力が大きいほど人工軟骨のすり減りは防げます。

じゃぁ、筋トレしなくっちゃ・・・と考えているから病院では『筋トレしなさい。』と指導されているのでしょうね。


しかし、そう単純なものではありませんよね?


股関節痛がある時は、いくら鍛えられた筋肉でも力が出せないのです。
だって、本来なら十分強く収縮できるのに、収縮しようとすると痛いから筋力が出せないんだもん。


『あたし、もっと筋力が出せる筋肉になりたい。』筋肉ちゃんの叫びです。


筋肉が強い収縮力が出せない時の原因は、筋・筋膜症候群という筋肉の病気が原因です。
この病気も治せる病気です。
筋肉を柔らかくほぐしてあげればいいのです。
自分の努力だけでもかなり治せる方もいます。
でも、そんな指導もなく、放っておかれたら、筋肉だってどんどん痛みを出しますよ!


いけまへん!


まずは筋肉を正常な筋肉に戻してあげること。(股関節痛を軽減させること)
次に、痛みの少ない状態で生活をすること。

これが人工軟骨長持ちの基本中の基本。


無理がきくように感じてきたら、積極的な筋トレもできるようになりますよ。


人工関節への衝撃が十分吸収できている人は、人工関節が長持ちしま。
だって、衝撃がしっかり吸収されるから、人工関節に負担がかからなくなるんだもん、ね。


手術前の痛み、手術自体の後遺症・・・これが筋肉の病気の原因です。





おもしろいでしょ?


変形性股関節症って、骨の病気だと思うでしょ?

軟骨に関しては軟骨軟化症という軟骨の病気があり、筋肉には筋・筋膜症候群という病気があるんです。

厳密に言うと、骨の病気といっても血流障害がおおもとの原因ですので、血管にも何らかの病気があるかもしれませんね。


血管が狭くなって、骨に十分栄養がいかなくなると、骨頭壊死や骨の変形がおきるのです。


このように、変形性股関節症とは言うけど、実は血管、筋肉、軟骨などの病気が引き金になっているんです。
そして、これらの病気はある程度防げるのです。


そう、放っておかないで防ごうとすれば。


血管も、筋肉も、軟骨もレントゲンには写らないんです。(軟骨は“隙間”という形で写っているようには見えますが、軟骨自体は写らない。)



さぁ、人工関節を積極的に長持ちさせましょう!!





変形性股関節症を怖がらないでね




初めての方、お待ちしてます!
吉祥寺・大原先生のホームページ
名古屋・早川先生のホームページ