深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

修復期から安定期へ

●10月3日(日)にホームページからの予約メール・お問い合わせメール等、および私の携帯へのメール受信ができない状況でした。(0時~18時の間)
現在は正常化しております。
大変ご迷惑をおかけしまして、申し訳ございませんでした。
再送信をよろしくお願い致します。




●今月から群馬高崎K先生と東京T先生の最終特訓を開始しました。
皆さんの為に厳しく指導します。
忙しくて忘れていましたが、10月1日は銀サロ開院4周年記念日でした。
5周年記念日にはパーティーしましょうよ!



●話は変わりますが、鹿児島県霧島市にある高千穂カントリー倶楽部の2番ホール・ティーグラウンドから、ドライバーショット!
ファ~~~。
左にOBすると、ボールは宮崎県都城市に落ちるのです。


霧島市に隣接する都城市の病院に勤務するNさん。

4年前ののぞみ会会報に、ちょこっと銀サロのことが書いてあったのを見て、ブログを発見したそうです。

それまで左股関節痛があって、どうしようかいろいろと悩んでいる時だったようです。

その方のレントゲンの経過です。

2008年(左)↓                  2009年(左)↓
         


今振り返ると、2008年~2009年にかけて骨の形が変化していましたね。

この頃は修復が進んでいたので、痛みもありましたね。


2010年のレントゲンは、2009年とほとんど変化がありませんでした。
そのレントゲンをみると、そろそろ骨の修復が終わって安定期に入ったのか?という印象でした。



今回霧島でお会いしたら、歩き方が“元気”なんですね。

「最近歩き過ぎました。でも、いつも痛くなる左に痛みは出ないで、右が少し痛くなりました。左の痛みは7月頃から痛くなくなってきました。」とNさん。



長歩きすると、まず左脚に痛みが出ていたのに、その痛みが出ないで、調子のよい右足が痛くなるまで歩くことができるようになっている。

レントゲンはほとんど変化が無くなっている。

7月頃から、左脚の痛みが無くなっている。





山を越えたかな。




修復期である2008年~2009年頃は痛みが出やすく、無理がきかなかった。
きつい時もあったね。


しかし、2010年になって7月頃から安定期に入ったようだ。

2007年~2010年の間に、股関節の動く範囲は悪くなっていなかった。


世間一般的に“変形が進んで固まったら痛みが取れる。”なんてことをよく聞きます。
また、修復期は“進行期”、安定期は“末期”という。


何が固まるの?・・・関節?症状?
本当に“進行期”“末期”という言葉は妥当なの?


修復期にあった炎症が治まり安定期に入ると痛みは無くなる。




今まさに修復期を迎えている方は、痛みが繰り返し焦る気持ちもあるでしょうが、希望を持って頂きたいです。


“末期”ではなく、間もなく“安定期”を迎えるのですから。




 


●あなたの街に深圧の先生を!

全身の整形外科疾患への対応法を指導しています。
深圧実技研会&開業支援セミナー
次回は11月6日と7日です
現在確定は5名です。
理学療法士2名、柔道整復師3名。定員(6名)に達し次第締め切らせて頂きます。(最終締め切り10月15日)
よろしくお願いいたします。



●心身が楽になる考え方を全国に広げたいのです!
●『股関節痛は怖くない!』発売中!







変形性股関節症を怖がらないでね





吉祥寺に便利な方、お待ちしてます!
吉祥寺・大原先生のホームページ

関西方面、北陸方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ