深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

うっすら夢

●松本です。
小さい頃“うすらうめ”と言うのを食べたことを覚えています。
調べてみたら“ゆすらうめ”だった。
そういえば、ゆすらんぼとも呼んでいた。
漢字では桜桃と書くのに“~うめ”という名前がつく。
梅桃とも書くようです・・・?
近所のあちこちにあって、よく食べました。




今日の話はうすらうめの事ではなく、うっすら夢についてです。

10月のある日、患者さんと話をしている時に、脳内にあることが浮かんだんです。

この内容が、まだうっすらしている夢の話なのでうっすら夢です。




皆さんに、銀座にあるマンションの一室を購入していただいて住んいただく。
股関節症の方限定のマンション。
全部で50室くらいあるマンションがいいですね。
単身の方、ご夫婦だけの方・・・様々、でも、股関節症の方専用マンション。


皆さんに買っていただいたお金をまとめて、マンション1棟を買います!


また、そのご購入資金の一部を利用させて頂いて、マンションの上層階は、住居者の集まれるサロンがあり、皆さんの要望にこたえられ、安心してかかれる整形外科クリニックがあり、もちろん、深圧施術所もある。

日替わりでトレーニングの先生も、歩行指導の先生も、カウンセラーも、靴の専門家も、講演会も、勉強会も、趣味の先生も・・・いる。


皆さんは、だれにも管理されないので、普通に仕事に通う方がいて、普通にジムに行く方がいて、普通に旅行に行く方がいる。



コンシェルジュに電話すると、“御用聞き専門員”が現れるので、『松屋に行って、これとこれを買ってきてくれる?また、電球を交換してくれる?』とお願いするだけ。


御用聞き専門員は、『かしこまりました。』と言い終わらないうちに、松屋に走る!



急な股関節のトラブルには、上階から整形外科の先生や看護士さんや私が、折りたたみベッドを持って駆け付ける。

もちろん、外来の方もクリニックや深圧を安い料金で受けられるようになり、サロンも使えるし、さまざまな教室にも参加できる。




そこにあるのは、将来と現在の安心感。




私の頭の中では、もうできています。



いくつかの大きな壁はあるので、実現は・・・?ですが、やってみる価値はありそうです・・・そういうマンションがあるといいなとひらめいたわけです。




さっき、札幌から帰り、実行に移すように計画書を書いていました。

社長に相談して、法律や不動産や建築関係の専門家でチームを作れば、実現できるのでは無いかと思っています。
私の様な職人は、深圧施術所ができた時に専門性を発揮すればいいので、このチーム内ではほとんど用無しです。
現在の患者さんの中にはこの方面の専門家が揃っています。
わざわざ、知らない方を入れる必要もなさそうです。


全ての人にリスクが無く、全ての人にメリットが与えられるようなビジネスモデルができれば、福岡でも大阪でも名古屋でも仙台でも札幌でもできます。




そんな、“うっすら夢”実現させますので、皆さん、助けてください!




この記事、要保存です!






そういえば、ぐみもよく食べたよね。

ぐみ







変形性股関節症を怖がらないでね