深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

裏股関節

●原宿駅から明治神宮の表参道をゆっくり下ると神宮前交差点があります。
その交差点を左折すると、すぐにラフォーレ原宿があります。
私は、2002年から3年間この交差点近くで開業していました。
今の会社の社長は、この時私の患者さんとして原宿のお店に通い、宮川先生はラフォーレ原宿4階にあったシンガポールの「St.Gregory SPA」でセラピストをしていました。
この交差点のある明治通りの向こう側にはおしゃれな店が並び、“裏原宿”と呼ばれています。





原宿に裏原宿があるように、股関節にも“裏股関節”(造語です)があります。



  ◆表股関節           ◆横股関節              ◆裏股関節




実際の裏股関節はこんな感じです。




お尻の大きな膨らみである大殿筋の奥深くには、裏股関節を守る小さな筋肉がいっぱい!(青矢印)
その筋肉の間から、坐骨神経も出ていますね。(黄色)




皆さんのお尻の下にある裏股関節を押していると、小さな筋肉の硬さも感じるのですが、筋肉があるはずの無い場所に、異常な硬さがある人がいます。

解剖図で調べてみると、そこには“仙結節靭帯”という仙骨と坐骨結節を結ぶ靭帯があります。
筋肉ではありません。
青い矢印の先が仙結節靭帯です。



この靭帯の硬さを取ると、患者さんはこのようにおっしゃる方が多いです。


『一歩目の足がでやすくなった。』
『足が勝手に前に出るようになりました。』


仙結節靭帯が硬い方には、腰痛のある方、脚が振り出しにくい方が多いように思います。
現在、データを取っています。

この靭帯の上端は脊柱起立筋(背筋)につながり、この靭帯の下端はももの裏の筋肉ハムストリングスにつながります。

仙結節靭帯の硬化は、上下の痛みや動きに関連するのかもしれません。
そして、もうひとつ皆さんの多くが持っている“ある症状”が良くなるのではないかと考えて施術を行っています。

一見、前側にある腸腰筋が原因の様に見える“ある症状”。
しばらく様子を見て、結果を報告します。


皆さんは“らっこちゃん”で攻略できると思います。



ところで、これは“表松本”です。
いかにも純粋で人を疑うことを知らないころの・・・・松本(妹と)。





裏松本は・・・・・?







変形性股関節症を怖がらないでね





吉祥寺に便利な方、お待ちしてます!
吉祥寺・大原先生のホームページ

関西方面、北陸方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ