深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

変形性股関節症と関節可動域

こんにちは

Mr.Tです


変形性股関節症において関節可動域制限は、ほぼ全例に認められる主症状です

関節可動域制限が起きると関節面の荷重する(体重をかける)場所の集中化を招き、更に変形性股関節症を助長してしまい、悪循環を形成します

よって、関節荷重部の軟骨と骨に破壊が起きてしまいます


関節可動域制限は、痛みによる股関節周囲の筋肉の緊張が異常に亢進する事と、筋肉の障害で関節の動きが制限されてしまい起こる事が多いです

なかでも障害され易いと言われているのが、股関節の伸展(後ろへの動き)外転(外への動き)内旋(内側へねじる動き)が制限されます。

更に変形が進むと屈曲(前への動き)も制限されます


これらの原因の筋肉として大腿筋膜張筋(骨盤の外側)、大腿直筋(太ももの前)、長内転筋(太ももの内側)による影響が大きいと言われています。

影響とは、これらの筋肉が硬く、短くなってしまう事が多いのです


単純にイメージして股関節の周りの筋肉が硬く、短くなってしまえば関節可動域制限につながるのは、何となくイメージできそうですよね


骨で考えると、股関節は骨盤と大腿骨から構成されています。骨盤と言う大きな骨を、大腿骨と言う2本の細い棒で、骨盤の端で支えているわけですから、とても不安定なわけです

この不安定な骨を安定させるためには周りの筋肉の働きが不可欠なのです

荷重時の安定化に働く筋は腸腰筋(腰から骨盤の中を通って大腿骨につく)と内閉鎖筋(骨盤の奥深く)が重要です。

深圧では、腸腰筋は「らっこちゃん2号」で、内閉鎖筋は「裏股関節」近くにあるので、その部位を押して施術しています


また、内転筋群(太ももの内側)の筋の短縮や筋の硬さが認められる場合、逆の位置にある中殿筋(骨盤の外側)や小殿筋(中殿筋の深部)の活動を抑制してしまう悪さをします

中殿筋や小殿筋が一見悪そうに感じても、実は内転筋群を施術することで中殿筋や小殿筋が治る事もあるのです

これだから股関節は、奥が深い


ですから、関節可動域に対する施術は関節症変化を防止・改善する観点から重要な施術と言えます

深圧も関節可動域の改善は施術のポイントの大きな1つとなっています