深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

炎症が見えにゃ~い!

元気ですかぁー!



その方は右人工関節の再置換術(2回目)を行いました。
今から14年前の話です。

その手術後、原因不明の左ひざ痛が発生して、レントゲンでは膝の骨はきれいだったのですが、左人工膝関節の手術を受けました。
この方には、金属アレルギーがありますので、アレルギーも関係しているなかなと感じています。



膝関節は、皮膚から触れるくらい浅い場所にあるので、炎症があるとすぐにわかります。
炎症がある時は、膝を触ると“熱い”のです。



その方の左膝は、人工膝関節手術後1年間“熱い”感じがありました。



膝関節は、すぐに炎症がわかるのですが、股関節はその位置があまりにも深すぎて、炎症が分かりにくいんですね。

かなり強い炎症の場合は、ソケイ部の股関節部を触ると熱い感じがあります。
しかし、弱い炎症は全く関知することができません。



人工膝関節のことを考えると、人工股関節手術後も結構長い間炎症があるだろうと考えられます。
しかし、その炎症は皮膚の上からは感知することができません。


“炎症が見えにゃ~い!”


慢性関節リウマチの方の場合、炎症が起きた後にレントゲンを撮ると、骨の形が変わっています。


皆さんの骨の修復にも炎症が起きていると考えられるのです。


股関節痛の原因は筋肉だけではありません。
私は筋肉80%:炎症20%くらいに考えています。


この炎症は、骨や軟骨に起きるのではありません。
骨や軟骨を包む関節の袋(関節包)におきます。


骨の修復が終わると、炎症が無くなり、かなり無理がきくようになります。
もうすでに修復が終わって、炎症が無く“骨の形が正常ではなくても安定している人”の痛みの原因はほとんどが筋肉の問題ですから、筋肉の施術にて劇的に股関節痛が改善します。



股関節ももっと浅い位置にあり、炎症が皮膚の上から感知できるといいんだけどね。




私が、“手術後はあまり無理をしない方が良いですよ”と言っているのは、この“見えない炎症”を心配しているからです。


人工膝関節の術後は、結構長い間膝関節周囲に炎症があるのは事実なんです。


炎症にはステロイドが劇的効果をしめします。
しかし、ステロイドの常用は様々な副作用をもたらします。
それでもあえて私は“副作用が出ない範囲でのステロイドの使用”を勧めています。

その理由は、ステロイドが“炎症に劇的効果を示す”からであり、自分の腰の激痛時にステロイドを1回だけ使用して完治したという経験が2回もあるからなんですよ。


あっ、そうそう、筋肉の痛みは炎症ではありませんよ。





みなさん、今度私の手を触ってみてください。
“熱い”です。
これは慢性炎症ではありません。

気が出てるかもしれません。
元気という気です。

その元気を皆さんの身体に流しているかもよ~?


元気を吸い取ってたりして・・・すんまへん。





変形性股関節症を怖がらないでね





吉祥寺に便利な方、お待ちしてます!
吉祥寺・大原先生のホームページ
関西方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ