深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

屋根ができない意味

●松本です。
8月の大阪施術の予約受付を終了して皆さんに連絡いたしました。
本来なら、最終日の8月31日に施術を終了したらすぐに東京に帰るのですが、今回は31日の終了時間を早めて、ホテルラフォーレ新大阪(懐かしい人には懐かしい)に1泊します。
お時間のある方は一緒に食事でもしながらいろいろと話をしませんか?

1、8月31日 午後6時から     ホテルラフォーレ新大阪 1階 レストラン ラ・ガール(ディナー;コースだけでなく単品もありますよ!)

2、9月 1日 午前11時30分から ホテルラフォーレ新大阪 1階 レストラン ラ・ガール(ランチ)

9月1日の午後には東京に帰ります。
どちらも、参加料金は自分の飲食代のみとなります。
お申し込みはここから、締め切りは8月21日です。(詳細は銀サロ倶楽部ブログに!)
気楽にご参加ください!







骨盤側にできる“骨のトゲ”、専門用語で骨棘(こつきょく)。

骨盤側の屋根が浅い(臼蓋形成不全:きゅうがいけいせいふぜん)方の場合、骨が“屋根が必要だ”と判断した場合に、屋根が伸びて屋根を深くします。

その形が、正面から見たレントゲンで棘(とげ)のように見えるので、骨棘と呼ばれています。


この棘が出れば、屋根がしっかりするので、手術を避けられる方がいます。




・・・このように説明した時に・・・「どうすれば、骨棘ができるの?」という質問や「私にはどうしてできないの?」という疑問がわく方もいることでしょう。




その答えです。


「骨棘が出ない方には、骨棘が必要ではないのです!」

骨は利口です。

必要な人には骨棘ができて、必要ではない人にはできないのです。



では、では、では・・・“必要ではない人”ってどう人なの?


その答えは、次回の記事をお楽しみに!






変形性股関節症を怖がらないでね





吉祥寺に便利な方、お待ちしてます!
吉祥寺・大原先生のホームページ
関西方面、北陸方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ



●『股関節痛は怖くない!』ワニプラス社より好評発売中!