深圧 SHIN-ATSU 松本深圧院グループ 私達は深圧という特殊技術により、お客様それぞれにあったQOL(Quality of Life)の実現に貢献します

屋根ができない意味

8月です!
夏本番です。
松本です。
ホテルラフォーレ新大阪での、8月31日午後6時~の食事会、9月1日11時30分~の食事会、まだまだ空きがあります。
お申し込みはここから。
詳細は銀サロ倶楽部ブログで!
初めての方大歓迎です!当日気がむかなければキャンセル自由!気軽にご参加下さい!





「どうすれば、骨棘ができるの?」
「私にはどうしてできないの?」

その答え。


「骨棘が出ない方には、骨棘が必要ではないのです!」


では、“必要ではない人”って・・・


その意味は?

現在の股関節は、十分衝撃を吸収できている人で、修復の必要性がないと言う意味です。
または、大腿骨側がすでに修復していて(大腿骨頭の扁平修復)骨盤側の修復を必要としていない。


つまり、意外と股関節は良い状態なんです。


7月17日の記事にも書いたように、本当は修復が起きない方がいいのです。



股関節に加わる衝撃が十分吸収できる筋肉の状態の人は、修復の必要がないのです。

逆に、衝撃が十分吸収できない筋肉のままで生活をしていると、骨や軟骨への負担が大きくなるので、骨としては皆さんを楽にするためにやむを得ず修復を起こしてくるのです。



できれば、修復は起きない方がいいのです。

つまり、早めに筋肉を正常化した方が、骨は楽な状態で維持できる可能性が高くなるのです。




変形性股関節症を怖がらないでね





吉祥寺に便利な方、お待ちしてます!
吉祥寺・大原先生のホームページ
関西方面、北陸方面、東海方面の方、お待ちしています!
名古屋・早川先生のホームページ



●『股関節痛は怖くない!』ワニプラス社より好評発売中!